嘘の戦争 最終回ネタバレ!結末に「何が嘘と真実なのか衝撃」

元スマップ草彅剛の主演ドラマ「嘘の戦争」の結末である最終回のネタバレを公開しています。

このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。

今回は、「嘘の戦争」の原作も含めて最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

嘘の戦争のキャストとあらすじ

ドラマ「嘘の戦争」の最終回ネタバレについて、まずはキャストとあらすじを紹介していこう。

・キャスト

一ノ瀬浩一(旧名:千葉陽一) – 草彅剛
二科隆 – 藤木直人
十倉ハルカ – 水原希子
八尋カズキ – 菊池風磨(Sexy Zone)
百田ユウジ – マギー
七尾伸二 – 姜暢雄
三瓶守 – 大杉漣
二科楓 – 山本美月
二科晃 – 安田顕
二科興三 – 市村正親

以上が「嘘の戦争」の主な出演者となっている。

続いてあらすじも見ていこう。

・あらすじ

草彅剛、主演。復讐シリーズ、第2弾!
親の仇、胸に…。詐欺師となって復讐の鬼と化す!!
母と弟を殺し、自ら無理心中した父――けれどそれは、仕組まれた殺人事件だった!?

犯人の顔を見てしまった9歳の主人公・浩一(草彅剛)は、警察に「犯人は父ではない、真犯人の顔を見た」と繰り返し証言するが、信じてもらえない。それどころか、“嘘つき”と呼ばれ、親戚からも奇異な目で見られることに…。

やがて浩一は呼び名の通り、巧みな嘘つきに成長。タイに渡り、名前を変えて、偽の経歴を手に入れて、たぐい稀なる詐欺師になった浩一は、偶然にも記憶の中の真犯人“あざのある男”と再会。30年間眠っていた“怒り”という感情がよみがえり、復讐することを誓い、ついに日本に戻ってくる。

そうして事件当夜について調べていると、事件関係者たちが次々に浮上していく。30年の時を経て、その事実を知った浩一は、詐欺師ならではの手法で、その事件関係者たちに罠を仕掛けていく。

さらに浩一は、事件関係者たちのスキャンダルや犯罪者としての顔も暴き、社会的に抹殺しようとする、しかしそれを阻もうとする大企業の会長・二科興三(市村正親)や次男・隆(藤木直人)、長男・晃(安田顕)との間で熾烈な攻防戦が繰り広げられていく…。こうして浩一の壮絶な復讐劇が始まっていくが、最終的に浩一は復讐を果たすことが出来るのか――?!

その一方で、相棒的な女性詐欺師・ハルカ(水原希子)、さらに、二科家の長女の女医・楓(山本美月)が登場。浩一を巡る三角関係、複雑な愛憎劇も巻き起こる――。

鮮やかな“ダマし”で積年の恨みを晴らす爽快な復讐劇、運命を惑わす禁断の三角関係などを、ときにはシリアスに、ときにはユーモラスに描き、先が気になるスリリングな展開で魅了する痛快エンターテインメント!

出典:http://www.ktv.jp/uso/story/01.html

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

ドラマ「嘘の戦争」の最終回ネタバレについては、2015年1月に放送された「銭の戦争」と同じようなテイストになることが想定される。

当時は草なぎ君主演、ヒロインに大島優子であったが今回の主役は同じく草なぎ君でヒロインに水原希子と山本美月。

銭の戦争の時は、信頼していた周りの人々に裏切られて金を失ってしまったところから這い上がるというストーリー展開でシリアスさと痛快さがウリだった。

最終回の結末では、復讐をしっかりと果たしてハッピーエンドとなったことから今回の「嘘の戦争」も似たような結末になるのではと予想されるが・・。

ただ今回は嘘をテーマにしているので、痛快で巧みなストーリー展開を見せながら最終的には視聴者をラスト結末で欺くことになるのではないかという声もありそうだ。

主人公の浩一は、天才詐欺師として成長しており犯人と思われる人物と対峙したことにより昔の復讐心を蘇らせるが・・・。

今作でも信頼していた重要人物、ハルカの秘密なども暴かれることになり人間関係が二転三転していく。

会長である二科興三は黒幕ではなく、意外な人物が浮かび上がってくる。

地獄を全員に見せてやろうと意気込んでいた浩一だが、クライマックスになるにつれて当初の目的から少し外れてしまうのではないか・・。

【スポンサードリンク】