嫌われる勇気 最終回ネタバレ!ドラマ結末で「アドラー心理学の境地を見る」

アドラー心理学が元になったドラマ「嫌われる勇気」の結末である最終回のネタバレを公開しています。

このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。

今回は、「嫌われる勇気」の原作も含めて最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

嫌われる勇気のキャストとあらすじ

ドラマ「嫌われる勇気」の最終回ネタバレについて、まずはキャストとあらすじを紹介していこう。

・キャスト

堂 蘭子:香里奈
青山 年雄:加藤シゲアキ
大文字 哲人:椎名桔平
半田 陽介:升毅
小宮山 正明:戸次重幸
浦部 義孝:丸山智己
三宅 隆俊:桜田通
相馬 めい子:相楽樹
梶 準之助:正名僕蔵
村上 由稀菜:岡崎紗絵
間雁 道子:飯豊まりえ
土方 登志郎:寿大聡

以上が「嫌われる勇気」の主な出演者となっている。

続いてあらすじも見ていこう。

・あらすじ

刑事の庵堂蘭子(香里奈)が属する捜査一課に、新人刑事の青山年雄(加藤シゲアキ)が配属された。係長の半田陽介(升毅)は青山に、蘭子と組んでモデル殺害事件に加わるように命じる。青山は、刑事の三宅隆俊(桜田通)から教えられ、携帯電話を持たない主義だという蘭子を探しに行く。

青山が蘭子を探し当てた時、青山の携帯が鳴り、第二の殺人が起きたと告げられる。蘭子は青山の携帯を取り上げ情報を得ると、現場へ急行する。

第二の被害者もモデルだった。鑑識課の梶準之助(正名僕蔵)と、刑事の浦部義孝(丸山智己)が遺体を調べているところに、蘭子と青山が到着。浦部はふたりに周辺の聞き込みに行くよう指示するが、蘭子は無視して遺体を調べ始める。さらに蘭子は、遺体を見た帝都大学医学部助教の相馬めい子(相楽樹)が明かした見解も、安易な妄想だと一蹴する。

別の日、モデル連続殺人事件の捜査会議が開かれ、刑事の小宮山正明(戸次重幸)が概要などを説明していた。捜査に関わる刑事が勢揃いするなか、蘭子は参加せずにパソコンに向かっていた。マイペースな蘭子に、青山はうんざり。半田に相談すると、別の任務を与えられる。

青山が訪れたのは帝都大学の研究室で、そこには警視庁のコンサルタントも務める教授の大文字哲人(椎名桔平)がいた。大文字は、庵堂の下の配属だという青山に、庵堂を理解するには、「アドラー心理学」を知る必要があると話し始めた…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/kira-yu/story/index.html

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

ドラマ「嫌われる勇気」の最終回ネタバレについては、「アドラー心理学」を解説した原作が元になっている。

この心理学は、簡単に言うと「すべての行動は対人関係につながっている」というのが趣旨。

個人の問題と他人の問題を切り離して、「嫌われる勇気」を持って行動することで初めて自分の人生を歩むことができる。

香里奈演じる主人公の庵堂蘭子は、まさにアドラーの教えに従っているようなマイペースな女子でありそれがコンビを組んだ青山には気に入らない。

しかし、ミステリーな事件が展開されていく中で段々と青山は蘭子の本質を理解するようになってきた。

毎話、「アドラー心理学」の肝の部分が登場してくるがストーリー展開も普通に面白いものとなる。

実用性のある本が、ドラマの原作になることが珍しくこの作品を通して学ぶべきことを知るのではないだろうか。

蘭子も、アドラーの女子ではあるが完全に悟りを開いているわけではなく過去のトラウマなど奥底に残っているものがありそれが最終回に近づくにつれて明らかになっていくだろう。

【スポンサードリンク】