江角マキコ、引退理由は「不倫ではなく自宅への落書き」が発端か。旦那の平野眞とは現在別居しているが真相は「芸能界疲れ」

女優の江角マキコが引退を発表し、大きく話題となっているがこの理由について真相が気になる人も多いだろう。

週刊誌では、江角マキコが旦那の平野眞がいながら不倫をしたということが報じられているようだが「不倫は絶対にしておりません」というコメントをしている。

そういうことでないなら、あの落書き事件からイメージが落ちてしまったことが原因となっているのでは。

【スポンサードリンク】

江角マキコの落書き事件

元々は実業団でバレーに打ち込んでいた江角マキコだが、怪我が原因でバレー選手のへの夢を断念してしまったという意外な事実があった。

その後、芸能界へ入り1998年に放送された「ショムニ」が大ヒットして「長身でスレンダーな美女」という評価を得て以後「ぐるナイゴチバトル」を始めたとしたバラエティ番組などでも大活躍していた。

比較的サッパリしていて、「クールビューティー」なイメージがありハッキリとモノをいうタレントとしてイメージは良い方だと思っていたが2012年にはまさかの「落書き事件」で世間からは落とされることに。

これは、江角マキコ本人がしたものではないが自身のマネージャーにタレントの長島一茂の自宅に「バカ息子」と書かせた疑惑が週刊文春で2014年8月に報じられた。

長島一茂の子供と江角の子供は、同じ学校に通っていたようで因縁があるようだった。

その騒動以後、お昼の番組「バイキング」などメディアから姿を消してしまった江角マキコであり今回の不倫騒動が再度週刊誌に報じられてしまいイメージは地の果てまで落ちてしまうという事態になってしまっていた。

ちなみに、現在別居状態にある旦那さんとは2003年に結婚しているが1996年にも桐島ローランドとの離婚歴があるため再婚だった。

平野眞は、江角マキコが「ショムニ」をやっていた頃のディレクターでそれがきっかけで再婚に至った。

しかし、2度目の結婚で子供が生まれるも離婚や不倫報道などが騒がれて私生活も散々な状態になっていると推測される。

【スポンサードリンク】

芸能界疲れと「キリがついた」からという理由

江角マキコ自身は、引退理由については明言していないが週刊誌で不倫報道について報じられてしまったことが一端を担っていることは否定できないように感じる。

上記の落書き報道事件と重なって、ダブルパンチで旦那さんとも別居状態にあるため真相は「コレ!」という一つだけではなくて「落書き事件による仕事面でのダウン」と「不倫報道によるプライベート面の没落」という2つの合わせ技ではないだろうか。

もはや、完全に疲れ切ってしまっているように思えてしょうがない。

さらに、すでに50歳を迎えた江角マキコにとっては丁度いい年齢とも言えるのですべてにおいて挽回することが難しそうな状況でもあるためリセットしたいという気持ちがあるのではないだろうか。

不倫相手が誰かということでこれからまた話題になっていくとは思うが、彼女が表に出てくることがなくなってしまうということか。

ナイナイの岡村などは、自分が休養していた頃に江角マキコに心配してもらっていたので相当惜しがっているのではないか。

「ショムニ」からブレイクした彼女の芸能人生がこれで終わりなのか・・。

【スポンサードリンク】