東京タラレバ娘 最終回ネタバレ!漫画7巻とドラマ結末の相違点

ドラマ「東京タラレバ娘」の結末である最終回のネタバレを公開しています。

吉高由里子、榮倉奈々、大島優子の3人がいい歳していつも騒いでばかりいるというなんとも豪華なキャスティング。

このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。

今回は、「東京タラレバ娘」の原作も含めて最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

東京タラレバ娘のキャストとあらすじ

ドラマ「東京タラレバ娘」の最終回ネタバレについて、まずはキャストとあらすじを紹介していこう。

・キャスト

鎌田 倫子:吉高由里子
山川 香:榮倉奈々
鳥居 小雪:大島優子
KEY(鍵谷 春樹):坂口健太郎
早坂 哲朗:鈴木亮平
鮫島 涼:平岡祐太
芝田 マミ:石川恋
鳥居 安男:金田明夫
丸井 良男:田中圭
タラ(声):加藤諒
レバ(声):あ〜ちゃん(Perfume)

以上が「東京タラレバ娘」の主な出演者となっている。

パヒュームのあーちゃんが声だけの出演で結構話題になっている。

他にも、脇を固める俳優陣がものすごく豪華でついつい観てしまう。

続いてあらすじも見ていこう。

・あらすじ

倫子(吉高由里子)は、30歳・独身・彼氏ナシの売れない脚本家。 高校時代からの親友でネイリストの香(榮倉奈々)、居酒屋の看板娘・小雪(大島優子)と、 日々、“女子会”と称して集まっては好き勝手言い合いながら酒を飲むのが一番の楽しみだ。

ある日、倫子はドラマ制作会社の早坂(鈴木亮平)から「大事な話がある」と食事に誘われる。 8年前、ADでまだまだダサかった早坂に告白され、フッたことのある倫子だったが、今や早坂は立派なプロデューサー。

香と小雪は、「告白どころか今回はプロポーズされるのでは?」と煽り、倫子もまんざらでもなく感じていた。だが、そんな倫子たちの前に金髪のイケメン・KEY(坂口健太郎)が現れる。

KEYは、タラレバ話ばかり繰り広げる倫子たちに対し、何の根拠もないタラレバ話で盛り上がる「タラレバ女!」と言い放つ……!

出典:http://www.ntv.co.jp/tarareba/story/01.html

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

ドラマ「東京タラレバ娘」の最終回ネタバレについては、漫画の方がすでに7巻まで進行しているが最終話を迎えているわけではない。

「タラレバな話ばかりしていたらいつのまにかいい年になってしまった・・」という東村アキコの話題作。

この漫画原作は、「東京オリンピックを一人で観ることに寂しさ」を感じていた作者の独身の友人たちの話を元になっており「同じように思っている人も多いかもな」と思わせる。

物語の内容は、まず以前に倫子がフッた早坂から「話がある」と呼び出されたところから。

昔はADだったが、今はプロデューサーに出世している・・ということでプロポーズを期待していたのだが実は早坂は倫子ではなくマミに交際を申し込もうとして相談しただけだった・・。

結局妄想だけで終わってしまった倫子は居酒屋で香や小雪と飲んだくれて「もっといい男がいれば・・」とくだらない話に夢中になる。

そこに、隣のテーブルにいた金髪イケメン男から「このタラレバ女!」と言われてしまいショックを受ける。

で、その男がKEYというモデルとして活動している人物で倫子と仕事で鉢合わせしてしまうことになる。

しかしKEYは倫子のことを見るやいなや、脚本にダメ出しをして仕事は破談に終わる。

KEYが出演するドラマの脚本は他の女性が担当することになったが「枕営業」という話が出て来る。

そこで、倫子はその女性とプロデューサーを尾行するために旅館へ行き豪遊してしまうことに。

自分のしていることに嫌気がさした倫子はやけくそになっていたがそこにKEYが現れ、想いのたけをぶちまけるとKEYと体の関係を持ってしまうことになった・・。

しかし最新刊では、倫子は早坂と結ばれ同棲することになった。

KEYには奥さんがいて、その人はすでに亡くなってしまっていた。

なんと、元嫁は倫子にそっくりだったというのだ。

このままいくと、展開としては早坂とは同棲を解消してKEYと再び結ばれるときがくるのではないだろうか。

最終巻に期待。

【スポンサードリンク】