リバース 最終回ネタバレ!原作&ドラマ結末「犯人に大どんでん返し」

藤原竜也主演のドラマ「リバース」の結末である最終回のネタバレを公開しています(後半にドラマネタバレと考察を追記済)。

またもや追い詰められる役柄の藤原竜也、イヤミスの女王と言われている湊かなえの原作小説がコラボしたと言える内容となっている。

このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。

今回は、「リバース」の原作も含めて最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。

犯人とストーリーは、最後に想像を超えてくる。

【スポンサードリンク】

リバースのキャストとあらすじ

ドラマ「リバース」の最終回ネタバレについて、まずはキャストとあらすじを紹介していこう。

・キャスト

深瀬和久〈32〉- 藤原竜也
越智美穂子〈30〉- 戸田恵梨香
浅見康介〈32〉- 玉森裕太(Kis-My-Ft2)
広沢由樹〈享年22〉演 – 小池徹平
村井隆明〈32〉- 三浦貴大
谷原明日香 ← 村井明日香〈27〉- 門脇麦
谷原康生〈33〉- 市原隼人
乾恭子〈48〉- YOU
広沢忠司〈65〉- 志賀廣太郎
広沢昌子〈57〉- 片平なぎさ
小笠原俊雄〈65〉- 武田鉄矢
森下泉〈23〉- 藤本泉
藤崎莉子〈17〉- 山口まゆ
相良了平〈17〉- 鈴木仁
村井明正〈70〉- 村井國夫

以上が「リバース」の主な出演者となっている。

続いてあらすじも見ていこう。

・あらすじ

深瀬和久(藤原竜也)は、冴えない男だ。有名大学を卒業しながらも、地味でつまらないほど普通の人生を送ってきた。唯一の彼の取り柄は、美味しいコーヒーを淹れること。そしてその度に彼の頭をよぎるのは、たった一人の親友・広沢由樹(小池徹平)を失ったことだった。それは10年前、大学のゼミ仲間5人とのスノボ旅行中に起きた悲しい事件、それは――。

いつもの仕事帰り、深瀬は行きつけのコーヒー店へ寄ると、そこには懇意にしてくれる乾恭子(YOU)と圭介(バッファロー吾郎A)夫婦の、いつもと変わらない笑顔があった。そんな恭子の計らいにより、深瀬は越智美穂子(戸田恵梨香)という女性と運命的に出会う。

頼りない自分にも明るく接する彼女の姿に、いつしか強く惹かれてゆく深瀬。そんな深瀬の自宅に「人殺し」という張り紙がされていた。驚きを隠せない深瀬だったが、そんなとき深瀬は、10年前に起きた広沢の事故死の秘密を墓場まで持っていくという、ゼミ仲間との約束を思い出していた。

そんなある日、深瀬が通った大学の、教授の退官祝賀会を知らせる手紙が届いた。広沢のことを思い出すのを恐れながらも会場へ向かった深瀬は、10年前の旅行メンバーである、社会科教師の浅見康介(玉森裕太)や、県議会議員秘書の村井隆明(三浦貴大)、村井の妹・明日香(門脇麦)の夫で大手商社マンの谷原康生(市原隼人)らゼミ仲間と再会する。

また、その会場には広沢の母・昌子(片平なぎさ)も訪れていた。広沢の死後、8年ぶりに会う昌子に対し気まずさを覚える深瀬たち。一方、そんな深瀬たちを遠巻きに見つめる一人の男、ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)の姿が……。

出典:http://www.tbs.co.jp/reverse_tbs/story/

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

ドラマ「リバース」は、湊かなえの同名原作小説を元にしており最終回のネタバレもこれに沿う内容となっている。

・原作ネタバレ

何者かに、「人殺し」というレッテルを貼られた深瀬だったが、この糾弾があの事件のことだったことは彼にとっては明白だった。

ある日、深瀬の彼女である越智美穂子が深瀬のアパートの前で待っていた。

平凡で何の取り柄もない会社員の深瀬にとって、いきつけの店「クローバー・コーヒー」で出会った彼女は生活の中での唯一の癒しだった。

しかし、アパートに入って深瀬が彼女と話をしようとしてもいつもと違ってよそよそしい感じだった。

むしろ、冷たい視線で目をむけてくるような感じで色々と質問をしてきた。

こんなことはいつもはないと感じた深瀬は、事件のことについて聞いてみた。

「まさかあの事件のことか?」と。

美穂子はあの悲しい事件のことについて知っていた。

それは、彼女が働いているクローバー・コーヒーにも「深瀬和久は人殺しだ」という手紙が届いていたからだ。

ただ、事件の詳細については知らない。

それを知った深瀬は、覚悟を決めて3年前のあの事件のことについて語り始めた。

当時、深瀬は大学4年生でゼミの仲間5人でスキー場へ遊びにいった。

一緒に行ったメンバーの構成は、ゼミの中でも派手なグループに属する谷原、村井、浅見。

そして、残りの一人は深瀬の親友である広沢だった。

宿泊先は、村井の伯父さんが所有している別荘だが村井はスキー場へ行く前日に事故を起こしてしまったので後から合流することになった。

そのため、当日は村井を除いた4人で別荘へ向かった。

深瀬は、谷原たちと比べてあまり明るい方ではなく友達も少なかったが親友の広沢がいてくれているおかげで他の3人とも仲良くすることができていた。

そのため、別荘へ向かう車内でも楽しくすごすことができた。

ただ、その途中の昼休憩ではみんなで蕎麦屋にいったのだが広沢だけは「カレーが食べたい」ということで別行動となり少しだけ気まずい雰囲気となった。

そして別荘に到着してすぐに台風情報がテレビを観ると入ってきた。

深瀬たちは、外に出てバーベキューを予定していだのだがさすがに台風ではできないので部屋で飲み会をしながら食事することにした。

しかし、深瀬と広沢は酒が飲めないということを谷原たちに伝えるとまた彼らの機嫌が悪くなっていた。

ただ、それを察して広沢は用意されたビールを飲むことにした。

「弱いだけで全く飲めない」というわけではなく、アレルギー体質でそもそも飲むことができない深瀬を気遣ってのものだった。

そして村井が不在の中、バーベキュー用に用意していた高級牛肉を食べ始めるとみんなの機嫌が一気に良くなり楽しい飲み会となっていった。

ただ、これなら広沢が頑張って酒を飲む必要はなかったのではないか・・。

そこに、遅れている村井から連絡が入り近くの駅にいるから迎えにきてくれと頼まれる。

免許を持っているのは浅見と広沢だが、すでに飲み会も楽しくやっており酒が入ってしまっている状況なのでタクシーを手配して村井に来てもらうことに。

しかし、その扱いに村井は怒り出してしまった。

事を収めるために、浅見は自分は教職を目指しているからと広沢に車で村井を迎えにいくように押し付ける。

広沢は浅見に比べると飲酒量は少ないし、就職も決まっていない。

浅見からしたら、あまり失うものはない人物と思われていたのだろう。

空気を読んだ広沢は、「俺いくわ」と言って村井を車で迎えにいくことにした。

広沢の性格を理解している深瀬は、彼が空気を読んでいくと予感していたので「せめて自分にできること」と思い眠気覚ましのためのコーヒーを入れて広沢に飲んでもらう。

深瀬のコーヒーは、広沢も大好きだったので喜んで受け取った。

そして広沢は若干の酒が残った状態で出て行ったのだが・・1時間たっても何も連絡もないし村井の所へも着いていないとのこと。

谷原と浅見はさすがに心配になり、自転車で広沢を探すことにした。

深瀬は、自転車の数が足りないため外に出る事ができず連絡を待つことに。

そして、深瀬に連絡が入った瞬間に彼は愕然とした・・。

崖に沿ったカーブのところで、自動車がガードレールを突き破って落下し炎上している状態だった・・広沢に間違いない。

4人は、この事をすぐに警察と広沢の両親に話した。

しかし、飲酒のことは黙っておいた。

これが、深瀬たちが犯した事件であり、3年経った今でもずっと深瀬の心に深い後悔となっており4人は共通の罪を背負ってしまった・・。

この3年前の事件の話を聞いた美穂子は、「全員が知っていて彼を送り出した・・それは無罪とは言わないと思う」と深瀬に言った。

深瀬は、内心では「あなたが悪いわけじゃない」と言って欲しかったのだがやはり自分も同罪だということを思い知らされた。

美穂子は、アパートを出て行ってそれ以降コーヒー店にも来なくなってしまった。

深瀬は親友も彼女の美穂子も失った気がしてますます落ち込む毎日に・・。

「しかし、誰が自分たちの事件に気づいて手紙を送ったのか!?」

この疑問が湧いてきた。

ちなみに、現在も浅見とは仕事の関係上付き合いがあり彼は高校教師になっていた。

仕事でその高校に配達をしていると、注文をした新任教師の木田瑞希が重要な証言をした。

それは、浅見の車にも同じように「浅見康介は人殺し」という張り紙がしてあったという。

浅見は、これについては飲酒運転を起こした生徒のせいにして誤魔化して終わったが誰かが確実にこの事件について知っている。

そして、今度は深瀬は村井とも会いやはり手紙が届いていたという。

飲酒のことは、あの事件の時に警察や広沢の家族には言わなかったはずなので4人しか知らないはず・・。

村井は、「浅見と谷原が広沢の車を発見した。あれが事故ではなく、広沢の飲酒事故を隠すためにわざと車を崖から突き落とした可能性は?実際に飲酒のことはバレていない」と言った。

しかし、この推測は間違いだったことがわかった。

なぜなら後日、谷原が何者かに線路に突き落とされる事件が発生した。

谷原は怪我を負ったが、とりあえず命は助かっている。

犯人が手紙で警告するだけでなく、実際に全員の命も狙ってくるかもしれない・・。

深瀬は村井と浅見と会い、今回の件について話し合う。

一体誰が、何の目的で昔の事件を掘り返しているのだろうか。

しかし、よく考えると仲のよかった広沢の友人関係や彼女などの事を全然知らない。

他のメンバーも、広沢の事について話していたがやはり広沢の人間関係がわかるような情報はなかった。

親友の事を何も知らない・・そう思った深瀬は広沢の事をもっと知り犯人探しをすることにした。

自分の知らない広沢がどんな人物だったのかを知るために、広沢の実家にいって大学以前の友人たちの連絡先を聞いて調査をすることにした。

そして、広沢の過去の友人に話を聞いてみると「運動神経がいい」「いじめっ子を助ける正義感がある」「誰とも上手く付き合えるそつのない友人関係を持っている」といったことなどが分かった。

広沢は、周りからの評判がよく愛される人物だったということだ。

そして、地元愛媛を去る前に広沢の両親から気になることを聞いた。

「深瀬の大学のゼミ仲間の連絡先を両親から聞き出している人物がいる」ということ。

それは、広沢の高校の友人である古川という男だった。

その男は、広沢を追って高校卒業後は都内の大学に進学していたということが分かった。

そしてさらに、広沢の同級生から借りた卒業アルバムを開いてみると驚愕の事実が判明した。

「なんでこの人が写っているんだ・・!?」

こんな偶然があるのか!?

この人が犯人か!?

しかし、今はとりあえず古川とコンタクトをとることにした。

古川と会い、話をした深瀬だったが「自分と同じ性格をしている似たもの同士」ということがわかった。

明るい方ではなく、目立たない自分を隠そうとして広沢の親友としていつも一緒に行動していたという。

広沢と一緒にいると、自分のダメさが隠されるようで親友として理想的な存在だったのだ。

しかし、「彼女がいるのに自分といつも一緒にいることがおかしい」と思い始めてそのことを当時の広沢に言って古川自身から広沢の元を離れてしまったという。

広沢の足をひっばらないように自分から身を引いた古川だった、また同じように彼の足を引っ張る人物が現れた。

深瀬は、それが自分だと感じた。

だから古川が手紙を送ったんじゃないかと聞いてみたが、古川はあくまでも最後の1年間の広沢を知りたくて連絡先を聞いただけだという。

すると、犯人は古川ではないことになる。

となると、あの卒アルに写っていた人物が広沢の元彼女で間違いないのだろうか!?

古川に聞いてみた。

「彼女って・・木田瑞希さんのこと?」

浅見と同じ学校に務める新米教師。

しかし、違った。

古川は、「5組のカワベだよ」と答えた。

その人物の顔を見た途端、深瀬はすべてを理解して悟った。

彼女が犯人だったのか・・。

広沢と彼女の関係は、深瀬の想像を超えた偶然だったのか・・いや違う。

念のため、谷原にも確認してみると彼女は谷原が草野球をやっているチームのマネージャーであり彼が線路に落とされた時も彼女が一緒にいたのだった。

谷原ともつながりがあったのか・・。

そして、すぐにその人物と「クローバー・コーヒー」で話すためにメールをした。

彼女は絶対に来る・・そして来た。

そう、深瀬の現在の彼女「越智美穂子」が・・。

美穂子は広沢と高校時代の同級生だった。

その当時は付き合ってなかったが、大学進学後に美穂子と広沢は再会して交際することになった。

美穂子は、広沢の事が以前から好きだったので幸せな時間を過ごしていた。

しかし、それもあの事件が起こるまでのことだった・・。

美穂子は広沢の事がショックで、法事にも出席できずにいた。

3回忌にはやっと出席し、その際に広沢の最後の一年について知りたいと思い友人の木田を伝って浅見から他3人の情報を得ることに成功した。

谷原のマネージャーになったのも、深瀬の働いていたコーヒー店に常連として来るようになったのも偶然ではなかった。

しかし、この時点では飲酒の事など全く知らなかった。

ただ最後の広沢の1年間について知りたくて大学時代に広沢と仲のよかった4人と接触していただけだった。

特に、広沢と親友だった深瀬には注目していた。

広沢は、深瀬と古川のことを大切な親友だと思っていたという。

それを知った深瀬は号泣した。

美穂子が深瀬と付き合ったのも、嘘や復讐目的ではなかった。

しかし、美穂子の態度が一変したのは深瀬が墓穴を掘ったからだった。

そう、深瀬は自分から飲酒の事など知らなかった美穂子に当時の事件の真実を話してしまっていたのだった。

ちなみに、最初に送られてきた手紙は美穂子ファンによる幼稚な嫌がらせで事件のことを指しているわけではなかったのだ。

それを深瀬は勘違いして、自分からしゃべってしまったことで美穂子が深瀬たちのやったことを知ってしまったのだ・・なんたる皮肉。

そしてそれを知った美穂子は、復讐に燃えた。

「何もなかったかのように毎日を送っていたのが許せなかった」

他の3人に送った手紙は、美穂子がやったものだった。

谷原を突き落としたのも美穂子だった。

突き落とした理由は、谷原が当時の広沢について「多少酒は飲んでたけど、それくらいなら普通に運転ができる。ようはあいつのミス」と言ったことにカッとなったことが原因だった。

谷原はその時相当酔っていたため、なんで自分が怪我をしているかを覚えていなかったのだ。

「私はどうしたらいいと思う?」

美穂子は深瀬に尋ねた。

わからないが、広沢ならどうするか?

深瀬は、広沢について書き溜めておくノートをいっぱいにしてもっと広沢を知っていくことを決意する。

そして、そのノートに美穂子も「わたしも一緒に書かせてもらっていい?」と深瀬の手を握りしめた。

美穂子が、広沢についてノートに一文を書いた時に深瀬はハッとした!

「広沢由樹はそばが食べられない」

深瀬はそのことを初めて知った。

美穂子によると広沢は、そばアレルギーだったという。

「だからあの時、蕎麦屋には行かずに広沢だけカレーを食べにいってたのか」

そして、「クローバー・コーヒー」の店内ではマスターの奥さんが蜂蜜の瓶を取り出した。

コーヒーに蜂蜜はかなり合う。

それを広沢は発見し、お気に入りとなっていた。

マスターがとある蜂蜜を舐めてみるように深瀬にすすめてみた。

どこかで味わったことがある気がする・・深瀬は思った。

マスターの奥さんは尋ねた。

「深瀬君、これは何の蜂蜜かわかる?」

りんごだろうか・・わからない。

「正解は・・蕎麦の蜂蜜」

蕎麦!?

あの事件の時、深瀬は広沢の眠気を覚まそうとコーヒーを入れた。

蜂蜜入りのコーヒーだ。

その蜂蜜は、深瀬が途中の道の駅で成分を確認せずに購入したものだった。

それは・・蕎麦の蜂蜜だった。

深瀬には、広沢の最後の言葉がこだました。

「じゃあ、行ってくる」

広沢を殺したのは・・俺だったのか。

以下は5話終了時点で追記したネタバレ&考察

現在までのところ、原作とは違うラストになりそうな予感を感じさせる。

ラスト一行の「広沢を殺したのは、俺だった」という部分は物語の一番の大盛り上がりなところなのでこのシーンは確実にあると思うがそれでラストシーンを迎えるかどうかはわからない。

ドラマでは、クライマックスでこの事実が判明するだろうがその後にさらなる展開が待っているということを制作側も意図しているようだ。

原作には出てこなかったジャーナリストの小笠原と、村井の妹であり谷原の妻である明日香の存在も大きな鍵になりそう。

それにしても、主演の深瀬を演じている藤原竜也は毎年毎年追い詰められているような気がします(笑)

ただ、周りの視聴者からはかなり好感度の持てる人物として評価が高いようで個人的にもこんな友人がいたら安心できるだろうなというところで感情移入できる人物像になっている。

藤原竜也は、カイジや今回のような冴えないキャラでも「デスノート」のような頭のキレる役柄でもなんでもできるような俳優としてすでに完成度が高いのではないだろうか。

さて、物語は概ね原作通りに事が進んでおり、10年前の回想シーンが毎話入るようになっていてその度に重要な事実が明かされるようになっていてテンポとしても悪くないかなと。

小池徹平が演じる広沢は、めちゃくちゃいいやつすぎだろ!

何か裏があるんじゃないかと思えるぐらい、嫌味がなくて谷原や村井とかちょっと嫌なやつにも人当たりはいいし深瀬のように学生時代冴えないグループに属していそうな人物にも差別なく接している。

実際、広沢は深瀬のことを本当の友人だと慕っており深瀬の心のよりどころになっていたようだ。

でも、スキー旅行に行った時に深瀬はなんとか就職活動で内定の電話をもらって嬉しがっていたが広沢が落ちてしまったのはかなり痛い。

広沢も、自分なりに心に闇があったんだろうなというのは想像できる。

完璧そうな人間ほど、色々と悲しい部分や闇の部分が突然溢れ出すものなので実は広沢のそういった暗い部分が今後原作とは違って明らかになるのではないかと思わせるほどの彼の性格の良さがよくわかる。

村井の妹である明日香が、広沢の事を好きだったことも今後の展開につながってくるような気がしてならない。

5話では、村井が広沢に対して明日香と地元の彼女を二股していると勘違いして殴ってしまったが広沢はそれにも関わらず人間がでかく許してくれた。

でも、明日香と村井は10年前の事故の時に広沢を観てはいないけど証拠を隠蔽しようとしている谷原と浅見を目撃していたんだな・・原作にはない部分がこの5話分でかなり垣間見えてきてかなり面白くなっている。

原作の結末を知っているのに、毎回ちゃんと観たいと思わせる制作陣の手腕はなかなかのもの。

第1話から、謎のジャーナリストの小笠原がずっと4人のことを嗅ぎまわっている。

武田鉄矢も、最近は探偵とか昔のことについて調査をするような役柄が多いな~。

さすがに、彼が事件の核心に関わっているということはないと思うが事件の時に取り調べを担当していた刑事で「事件性がある」ということを主張して最終的に警察を辞職に追い込まれたという設定はかなり物語にスパイスを加えてくれている。

4人に対して、「人殺し」の怪文書などの嫌がらせがされており深瀬たちは小笠原をちょっと疑っているようだが違うだろう。

でも、深瀬が小笠原にたまらず「広沢が飲酒運転をしていた」ということを自白してしまったのは意外だった。

そして、小笠原もそれに気づいていたのかあまり気にも留めていないようだった。

それよりも、小笠原が言っていた「事故にみせかけて得をする人物は一体誰か」という趣旨のセリフが気になる。

これが現実にあるとなると、深瀬のはちみつ入りコーヒーだけが原因で広沢が死んでしまったことにはならない可能性もある。

この事件、犯人が2人という可能性もあるのではないかと。

深瀬のそばのはちみつ入りコーヒーが重要な殺害アイテムとなっているのは間違いないと思うが、そうさせた人物がいるのではないかと思わせてしまうような展開。

例えば、村井の妹である明日香は広沢の事が好きで片思いをしていた。

ドラマのオリジナルキャラである故に、色々と設定を変えやすい部分もあるだろう。

それが、深瀬や村井たちのせいで広沢が死んでしまったとなれば兄妹や夫とはいえ恨んでもしょうがないような気がする。

戸田恵梨香が演じる越智美穂子が、広沢と高校時代に付き合っていたということは後ほど判明すると思うが彼女だけが怪文書や谷原をホームから突き落とした原因と言えるのだろうか。

広沢の無念を晴らしたいという人物は、美穂子だけではなくて明日香や広沢の母親にも当てはまるのではないだろうか。

ジャーナリストの小笠原と広沢の母親である昌子は親しげにしている様子でもあるので、何か知っているのではないか。

谷原が野球をしているところに、偶然にも写真に一緒に写っていたことは本当に偶然なのだろうか。

そして、小笠原はなぜこんなにも10年前の事故に事件性があるのを疑うのだろうかと疑問に思ってしまう。

いくら警察の人間だったとはいえ、警察を辞めた今現在もこだわる理由はなんだろうか。

真実を見つけ出して、小笠原は何をしたいのか?

原作にはないキャラなので全く想像がつかない。

ふと思い返してみると、10年前に広沢が事故で死んでからその身近な人物は全員不幸になっている。

正確には、不幸というよりも「充実してそうではない」生活だ。

深瀬は、なんとか内定をもらった勤め先で頑張ってはいるが浅見の学校の飲酒事件の件で大口契約がなくなってしまって会社もなんと倒産してしまった。

そもそも、広沢が死んでしまってから深瀬にとっては心に穴が空いた状態になっている。

美穂子という彼女がいながらも、実は彼女が事件に大きく関わっていたことも深瀬にとっては不幸なことだ。

美穂子も、自分の彼氏が4人のせいで亡くなってしまったということで恨んで犯行に及ぶのも当然だろう。

浅見は、サッカー部の飲酒問題でPTA会長と揉めてしまったことからほぼ強制的に休職してしまった。

「人殺し」のレッテルを貼られてしまったことから、学校でも居場所がなくなっていた。

しかし、唯一の救いは女子生徒である藤崎莉子が浅見を気遣ってくれている。

彼女は、教師である浅見を好きなのではないか?

谷原は、せっかく決まった大手商社で働いてはいるのだが嫌味な上司に左遷されてしまったようで系列の工場らしきところでしがない生産業務をしている。

しかもそれに追い打ちをかけられるように、人殺しのレッテルを貼られてしまって会社の上層部にも問い詰められているのだからまるで罰があたったようだ。

議員秘書をしている村井もまた、議員の沼淵ことはとの不倫をスキャンダルにされているし政略結婚した嫁さんは家の中をゴミ屋敷にしているしで散々だ。

このスキャンダル情報を流したのは誰か定かではないが、沼淵ことはに厳しい言葉をかけて別れてしまった。

また、10年前の事件で村井が雪の中タクシーで妹の明日香と一緒に広沢の事故現場の近くにいたことが判明しているのでこれが今後の大きな展開になりそう。

浅見や谷原の視点からは、村井が事故現場の近くから逃げたように見えているので「村井vs谷原&浅見」という構図に今のところなっている。

深瀬は、常に周りの人物の行動におどおどしているが今後広沢の過去を調べに動く。

美穂子を襲った人物が、本当に単なるストーカーなのか気になるし原作にはない別の人物が事件に関わっているというオリジナル性を後半は期待したいところ。

【スポンサードリンク】