CRISIS(クライシス)最終回ネタバレ!ドラマ結末「犯人・黒幕と友情の確認」

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」の結末である最終回のネタバレを公開しています。

このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。

今回は、「CRISIS(クライシス)」の原作も含めて最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

CRISIS(クライシス)のキャストとあらすじ

ドラマ「CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班」の最終回ネタバレについて、まずはキャストとあらすじを紹介していこう。

・キャスト

稲見 朗(いなみ あきら)- 小栗旬
田丸三郎(たまる さぶろう)- 西島秀俊
吉永三成(よしなが みつなり)- 田中哲司
樫井勇輔(かしい ゆうすけ)- 野間口徹
大山 玲(おおやま れい)- 新木優子

以上が「CRISIS(クライシス)」の主な出演者となっている。

続いてあらすじも見ていこう。

・あらすじ

正体不明のテロリストが国家に牙をむく!
ターゲットは、親の権力に守られ、罪を免れてきた政治家の息子!
公安機動捜査隊特捜班が、次々に起きる規格外の凶悪事件に立ち向かう!

元自衛隊員の稲見朗(小栗 旬)と、元公安の捜査員・田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は、警察庁警備局長・鍛冶大輝(長塚京三)直轄の秘密部隊。

常識では計れない事件に脅かされる現代で、各分野のスペシャリスト5人が集結し、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図る。

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となる。
現職の外務大臣の息子である圭介は、これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物。
犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求。さもなければ、公衆の面前で圭介を処刑するという。

鍛治からの指令を受けて、現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバー。
親の加護のもと、やりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出す。

タイムリミットが刻々と迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触。そこで、ある驚きの事実を知ることに。
さらに稲見は犯行現場に関して“ある疑問”を抱いて――。

出典:http://www.ktv.jp/crisis/story/01.html

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

ドラマ「CRISIS(クライシス)」の最終回ネタバレについては、オリジナル脚本でストーリーが進行している。

同名の小説があるが、ドラマと小説では内容が違う。

小説の方だと、「横浜ホテル占拠事件編」が描かれている。

ドラマの方は、かなりスケールがでかく初回から国家レベルの規格外の事件が発生しているので最終回に至るまでにかなりの伏線や激闘が見られるだろう。

テロや政治家、宗教関係やスパイといった普段の生活からはとても信じられないような事件を目の当たりにしていく稲見と田丸だがチームの力で極悪な事件を解決しつつ内部の人間の闇にも注目していくのではないか。

結末としては、テロリストなどのような大規模な事件に奔走することになるが内部の人間に事件に関わっているものがいたとして主演の2人は衝撃を受ける。

しかし、自分たちの役割を再確認して黒幕・犯人を逮捕することになり国家の危機はひとまず回避といったところではないだろうか。

大規模な事件を解決していく仲間たちの闇に注目したい。

【スポンサードリンク】