アンナチュラルの最終回ネタバレ・・大物ゲストとラスト結末の異常死因

ドラマ「アンナチュラル」の結末である最終回のネタバレを公開しています。

このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。

今回は、「アンナチュラル」の最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

アンナチュラルのキャストとあらすじ

ドラマ「アンナチュラル」の最終回ネタバレについて、まずはキャストとあらすじを紹介していこう。

・キャスト

三澄ミコト(33歳)/石原さとみ
中堂系(41歳)/井浦新
久部六郎(26歳)/窪田正孝
東海林夕子(35歳)/市川実日子
神倉保夫(55歳)/松重豊
三澄秋彦/小笠原海・カイ
末次康介/池田鉄洋
坂本誠/飯尾和樹(ずん)
木村南雲/竜星涼
宍戸理一/北村有起哉
向島進/吉田ウーロン太
毛利忠治/大倉孝二
三澄夏代/薬師丸ひろ子

続いてあらすじも見ていこう。

・第5話あらすじ

坂本(飯尾和樹)が辞めたことで、人材不足となったUDI。そのため、しばらくの間、中堂(井浦新)はミコト(石原さとみ)が率いる三澄班のサポートをすることに。

そんなある日、鈴木巧(泉澤祐希)という人物が、UDIに溺死した妻の解剖を依頼しにやって来る。海に飛び込むところを目撃した人がいたため警察は自殺と判断したが、妻が自殺などするはずないという鈴木は、青森からはるばるUDIを訪ねてきたという。

早速、解剖に取り掛かるミコトたちだったが、葬儀社の木林(竜星涼)が血相を変えてUDIへやって来る。
なんと、鈴木が持ち込んだのは葬儀場から盗んだ遺体だったのだ。

つまり執刀医のミコトは、死体損壊罪という大罪を犯していたことに…。
遺体を盗んでまでUDIに解剖を依頼した鈴木の目的とは一体何なのか?

出典:http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/story/

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

ドラマ「アンナチュラル」もすでに中盤に差し掛かっており、UDIの内部での揉め事や前代未聞の死因究明などを経験しながらミコトも最終回に向かって覚醒していくような場面が見られる。

自分が犯罪の片棒を担いてしまいそうになりながらも、とにかく毎回不自然な死をそのまま放っておくことだけは絶対にできない芯の強いミコト。

おおまかなストーリー展開としは1話完結だが毎回ゲストが注目されている。

最終回のネタバレ予想としては、かなりの大物ゲストもしくはブレイク芸能人がキャスティングされているに違いない。

また、UDIの存続が危ぶまれそうなことを匂わせながらも最終話では今までにないドス黒い背景が混じった「アンナチュラルな死体」と向き合うことになる。

ミコト率いる研究所のメンバーたちは、総動員して解明を試みるが上手くいかない。

しかし、そこに助け舟が現れ信じられないような死因もしくは現象が裏に隠れていたことを見つけ未来へつなげるという展開になるだろう。

このドラマ、視聴者からの評価はとても好評でスピード感がありキャストだけに頼っていないところが大きく評価されている。

観ていて間延びしない展開だけに、最終回では大どんでん返しが起こる可能性もあるかも・・大体こういうのはラストシーンで驚かすものなんだよな・・・。

【スポンサードリンク】