トドメの接吻(キス)の最終回ネタバレ!タイムリープがついにある現象を迎える

ドラマ「トドメの接吻(キス)」の結末である最終回のネタバレを公開しています。

このドラマの内容を見逃した人や、観るほどではないが話や結末が気になると言う人もいるだろう。

今回は、「トドメの接吻」の最終回・結末のネタバレを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

トドメの接吻のキャストとあらすじ

ドラマ「トドメの接吻」の最終回ネタバレについて、まずはキャストとあらすじを紹介していこう。

・キャスト

堂島旺太郎(どうじま おうたろう)/山崎賢人
謎のキス女・佐藤宰子(さいこ)/門脇麦
並樹尊氏(なみきたかうじ)/新田真剣佑
並樹美尊(みこと)/新木優子
春海一徳(いっとく)/菅田将暉
長谷部寛之/佐野勇斗
小山内和馬/志尊淳

続いてあらすじも見ていこう。

・第6あらすじ

母親の命を救うためにタイムリープしたことで、12年前の沈没事故の証拠のビデオテープを真犯人の尊氏たかうじ(新田真剣佑)に燃やされてしまった旺太郎(山﨑賢人)。

しかし、逆に美尊みこと(新木優子)の気持ちを手に入れ、尊氏と美尊の婚約披露パーティーの壇上で派手にキスを交わし現場を騒然とさせる。

さらに旺太郎は興信所の根津ねづ(岡田義徳)を使い、並樹グループの前社長・尊たかし(山田明郷)が息子の尊氏の罪を揉み消すために関係者に手を回していたことを突き止める。そして、冤罪の罪を背負って服役後行方不明になっていた父・旺あきら(光石研)の居場所も明らかに。

一方、美尊は尊氏への不信感と旺太郎への思いが募り、変えることのできない自分の運命を悲観していた。そんな美尊を長谷部はせべ(佐野勇斗)は複雑な思いで見つめていて…。

出典:http://www.ntv.co.jp/todomenokiss/story/06.html

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

ドラマ「トドメの接吻」の最終回ネタバレについては、すでに第6話まで進行しており中盤からクライマックスを迎えようとしているのでタイムリープに一旦の決着がつくことになるだろう。

しかし、第1話からずっとタイムリープしまくっており段々と時間が戻ってやることが一筋縄ではいかなくなっている。

旺太郎も、自分の父親の無実がわかったがそれが今後の伏線になることは言うまでもない。

沈没事故について詳細がわかってきた段階で、それが最終回の鍵となりHuluで放送されているトドメのパラレルにも影響を与えているのがこのドラマの面白いところ。

⇒トドメのパラレル 最終回ネタバレ!全員・・・ある意味抹殺されるよ

そして、このドラマの裏テーマととしては個人的には時間を戻しても上手くいくとは限らない。

だから、あの頃に戻りたいという思いを持っている人には今をしっかりと見つめて今日を頑張るべきという制作側の意図もあるだろう。

いずれにせよ、美尊と旺太郎は結ばれるかもしくは旺太郎は最後に死んでしまうのではないかと思わせる場面がこれまでに見受けられる。

最終回は、今までの伏線が一部回収されつつもタイムリープのちょっとした謎を残しながら終わっていく・・。

時間を戻すなんてことはできなくなってしまう可能性がある。

【スポンサードリンク】