後鳥羽伝説殺人事件のネタバレ。犯人はドラマでもやはり3人か

名作「浅見光彦シリーズ 後鳥羽伝説殺人事件」がTBSにて2月26日にスペシャルドラマとして放送されるので原作をもとにあらすじと犯人などのネタバレをしていきます。

珍しく、平岡祐太が主演のドラマになるので一見の価値はあるでしょう。

ここでは「後鳥羽伝説殺人事件」のキャストから始まり、あらすじや犯人など結末のネタバレを公開するので参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

キャストとあらすじ

「後鳥羽伝説殺人事件」のネタバレとあらすじ、キャストについてまずは以下のキャストから紹介しよう。

・キャスト

浅見光彦:平岡祐太
浅見雪江:竹下景子
浅見陽一郎:石丸幹二
野上文香:森脇英理子
浅見祐子:秋月三佳
正法寺美也子:向里憂香
桐山道夫:黄川田将也
正法寺雅代:高林由紀子
阿南照子:河合美智子
三村達子:丘 みつ子
大友勇治:大和田伸也
野上哲男:佐藤B作

以上が主な出演者となっている。

続いて、あらすじも紹介しよう。

・あらすじ

ルポライターの浅見光彦(平岡祐太)は、後鳥羽上皇にまつわる伝説を取材するため、広島県の尾道を訪れていた。尾道は12年前、妹・祐子(秋月三佳)が卒業旅行中に火災事故に巻き込まれ、非業の死を遂げた場所だった。

祐子との思い出を懐かしんでいた矢先、祐子の友人・正法寺美也子(向里憂香)と偶然の再会を果たす。懐かしむ光彦をよそに、そっけない態度でその場を立ち去った美也子はその後、後鳥羽院御陵で遺体となって発見された。

そんな折、美也子の事件を追う刑事の野上哲男(佐藤B作)とその娘・文香(森脇英理子)と出会った光彦。野上から美也子の所持品に、美也子が大切そうに持っていた緑色の布表紙の本がなかったと聞いた光彦は疑問を呈する。

さらに、美也子が祐子との卒業旅行の記憶を失っていたことや、当時のコースを逆に辿っていたことを知り、事件にただならぬものを感じ、文香と共に美也子の旅を追跡調査することに。一方、県警の桐山道夫(黄川田将也)の指示で野上も後追い捜査を開始。12年前の火災事故で、光彦が妹を亡くしていたことを知り、同情を寄せるようになる。

文香と調査を続ける光彦は、美也子が旅先で古書店を回り、一冊の本を入手していたことを突き止める。それこそが美也子の所持品から消えていた緑色の布表紙の本だったのだ。本が事件に関係していると疑う光彦は野上と共に、古書店に本を売却した高校教師・池田謙三(水澤紳吾)を訪問。

すると、事件当日に池田のもとに美也子から電話が入っていたことが明らかになる。かつて祐子がその本を所持していたことを思い出していた光彦は、美也子の事件と12年前の火災事故との因果関係を疑うが…。

出典:http://www.tbs.co.jp/getsuyou-meisaku/20180226/story.html

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

「後鳥羽伝説殺人事件」のあらすじとキャストを紹介したので、最後に結末のネタバレ(特に犯人)を以下に紹介しよう。

このドラマは原作小説があるので結末も同じような展開になるだろう。

・ネタバレ

原作では殺人事件に絡む犯人は以下の3人。

・県警の桐山
・高校教師の池田
・会社副社長の木藤

で、ドラマでも原作でもやはり黒幕となり次から次へと犠牲者を増やしていった人物は桐山だった!

今回の殺人事件、一番の鍵となるのは光彦の妹である浅見祐子を殺害したのは誰かという事。

これは12年前に学生だった時に桐山とその知り合い2人が共犯となって、旅行先で同じ宿泊先になった浅見祐子と正法寺美也子に睡眠薬を飲ませて乱暴したことが始まりだった・・。

そして、3人の悪行がばれないように乱暴された2人を火災事故に見せかけて殺そうとしたが正法寺美也子の方は生き残ってしまう。

美也子は記憶喪失となっていたので3人はその後かかわりを持たないように生活していた。

しかし、美也子が持っていた緑色の布表紙の本がきっかけとなり上記12年前の犯行も含めて今回の殺人事件の展開が明らかになっていった。

まず、12年前に乱暴されて記憶喪失で生き残ったが遺体となってしまった美也子をやったのは桐山だった。

美也子の記憶が戻ったことで、最悪の展開を考えて連絡をとり殺害して鍵となる美也子の古書を奪って証拠隠滅を図ったのだった。

そして、共犯者の2人も桐山が殺害または逮捕をして社会的にも抹殺してしまった。

自分一人だけが警察という隠れ蓑を利用しながら計画を次々と実行していった。

しかし、浅見光彦の推理と野上刑事が手を組んで桐山は逮捕されることになった。

鍵となる本を郵送する際に指紋が残ってしまい、決定的な証拠の一つになってしまったのだった。

※以下は放送終了後に追記

やはり原作通り、12年前の事件は池田と木藤、桐山の3人が美也子と祐子を乱暴しようとした。

でもドラマでは乱暴しようと寝込みを試みたが、抵抗されてそのはずみで祐子は床に頭をぶつけて死亡してしまったという「事故」だったのね。

そのため、すべてを隠蔽するために火をつけて部屋を燃やしてしまった。

そこから桐山はそれまでの過去をなかったことにしようとしたが、野上が大説教!

そして光彦もあるべき生き方を桐山に教示して悲しく今回の事件は幕を閉じたのだった。

【スポンサードリンク】