丘みどりの実家の母親と父親についてせつない事情があったのか・・

2017年の紅白歌合戦に若くて綺麗な演歌歌手として出演した丘みどり。

今回は、その丘みどりの実は壮絶な実家の母親や父親などの話についても触れたいと思う。

ずっと芽が出なかった丘みどりは、紅白で報われ涙したことだろう。

【スポンサードリンク】

丘みどりは最初全然ダメダメだった

小学校5年生の時は、丘みどりはなんと「兵庫県日本民謡祭名人戦」で優勝するのだ。

ここから才能を親も感じ取り、数々の賞を受賞することになった。

そしてこれらの実績を武器に高校を卒業してからはアイドルグループのメンバーとして活動することになった。

しかし、そのアイドルグループは「全く!」と言っていいほど期待をされずキャンペーンなども完全に放棄しているような状態で売れる要素が全く感じられなかったのだという。

実際、パッとしない状態で1年間は彼女自身もやる気のない状態だったのだ。

しかし、地域の観光大使に選ばれたりするなどクリーンな演歌歌手のイメージがついてきて演歌に対する強い思いと下積みなどもあり一気に充実した日々を送ることとなる。

なので、このアイドルグループで活動していたことは彼女にとってある意味黒歴史であったんだろうなと考えるファンも多くはないかもしれない。

【スポンサードリンク】

母親と父親はどんな人!?

いきなりだが、残念ながら丘みどりに民謡教室に通わせて才能を開花させた母親は47歳という若さでガンで亡くなっている。

それが2006年のことだったので、丘は演歌歌手を辞めることを考えたそうだが「やらないで後悔するよりやって後悔した方がいい!」と思いまた母親のことを想いながら演歌歌手を再開するのである。

父親はまだ健在だがすでに定年退職をしている年齢だと思われる。

丘みどりは、父親に対する愛情がすごく誕生日の日は父親にしっかりとプレゼントを送っているんだとか。

それは誕生日だけでなく父の日も!

一年に二度も可愛いくて美人な娘からプレゼントをもらえる父親なんていますか??(笑)

とても幸せ者ですね。

で、弟さんは一般人の方で2012年に結婚をしているとのこと。

まあ、元モーニング娘の中澤裕子もそうでしたけど演歌とアイドルの両立っていうのはホント上手くいかないなと。

丘みどりも、アイドルグループには結局1年ちょっといたらしいのだがへそ出し衣装とか来てヒップホップ的なダンスを踊っていた場面もあるとか。

今の演歌歌手のおしとやかな感じとは全く想像つかないよな~。

演歌をつらぬいて正解!

【スポンサードリンク】
CATEGORY :