2018年春の選抜!慶応高校野球部メンバーの出身中学を完全網羅!

ここでは、現在行われている2018年春の選抜高校野球大会に出場している慶応高校の野球部のメンバーと出身中学を調べてみました。

東海大相模と大阪桐蔭の2強と言われているこの春の選抜だが、果たして今年初めての全国制覇をするところはどこなのか?

前半はメンバーの出身中学、後半はその野球部の追加情報を記載しています。

【スポンサードリンク】

慶応高校野球部のメンバーと出身中学

以下では、2018年春の選抜に出場している慶応高校野球部メンバーとその出身中学についてまとめてみました。

背番号 選手名 学年 身長/体重 投打 打率(※)
1 生井 惇己 3年 175/68 左左 .150
2 善波 力 2年 168/73 右右 .286
3 吉川 海斗 2年 177/69 左左 .371
4 奥村 拓馬 3年 177/78 右右 .278
5 ○下山 悠介 3年 176/74 右左 .324
6 宮尾 将 3年 169/64 右左 .278
7 大川 裕也 3年 166/64 右左 .289
8 関 展里 2年 181/71 右右 .268
9 石田 新之介 3年 181/82 右右 .381
10 渡部 淳一 3年 179/75 左左 .154
11 山下 健太郎 2年 168/68 右左 –
12 千坂 卓海 2年 175/68 右右 .000
13 駒形 凌 2年 175/71 左左 –
14 田邊 慎之佑 3年 168/67 右左 –
15 廣瀬 隆太 2年 180/78 右右 .000
16 斎藤 俊 2年 175/68 右右 .333
17 福島 豪 2年 172/69 左左 .000
18 新城 塁斗 3年 171/68 右左 –

※打率は地方大会のもの

以上です。

自分の応援している高校だと、その野球部のスタメンから始め控えなど出身中学が地元なのかどうか気になったりしますよね。

※一部メンバーに変更がある場合もあり

【スポンサードリンク】

地方大会の結果や近年の野球部の成績など

慶応高校野球部については、春にも夏にも豊富な全国出場経験があり甲子園の常連校ともいえるだろう。

秋の県大会では準優勝に終わり、関東大会ではベスト4まで進出しましたが敗退してしまいました。

だが、慶応は文武両道でなおかつ関東圏内は激戦区ということで今回の選抜に見事に選ばれた。

春の選抜は過去9回出場、そして夏の甲子園は17回出場とのことなのでチーム経験としては相手よりも豊富な方だろう。

今回のメンバーで特筆すべきは宮尾将選手。

走攻守の3拍子が揃っている選手という評価が県内でも高く、実際にまだ下級生の立場だった頃からレギュラーになったこともあった。

慶応は優勝候補とは言えないかもしれないが、上位進出を目指して高偏差値&全国優勝の看板を持って帰ってもらいたい。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :