2018年春の選抜!乙訓野球部メンバーの出身中学を完全網羅!

ここでは、現在行われている2018年春の選抜高校野球大会に出場している乙訓高校の野球部のメンバーと出身中学を調べてみました。

東海大相模と大阪桐蔭の2強と言われているこの春の選抜だが、果たして今年初めての全国制覇をするところはどこなのか?

前半はメンバーの出身中学、後半はその野球部の追加情報を記載しています。

【スポンサードリンク】

乙訓野球部のメンバーと出身中学

以下では、2018年春の選抜に出場している乙訓野球部メンバーとその出身中学についてまとめてみました。

背番号 選手名 学年 身長/体重 投打 打率(※)
1 川畑 大地 3年 173/63 右右 .375
2 薪谷 宗樹 3年 169/74 右右 .250
3 大西 陽大 3年 167/63 右左 .400
4 茨木 祐哉 3年 180/70 右右 .267
5 ○中川 健太郎 3年 173/69 右左 .472
6 大上 翔也 3年 169/63 右右 .390
7 浅堀 大暉 3年 166/67 右右 .382
8 伊佐 駿希 3年 168/68 右右 .189
9 宮田 康弘 3年 174/68 右右 .486
10 富山 太樹 3年 180/80 左左 .471
11 長谷川 諒 3年 173/67 右左 –
12 大宅 竜聖 3年 177/70 右右 –
13 秋山 隆太朗 3年 173/68 右右 –
14 松本 竜次郎 3年 170/60 右左 .143
15 片岡 正之介 3年 170/66 右左 1.000
16 山根 慎輔 3年 171/61 右右 –
17 山本 レオ 3年 172/64 右右 .000
18 工藤 裕貴 3年 166/61 右左 –

※打率は地方大会のもの

以上です。

自分の応援している高校だと、その野球部のスタメンから始め控えなど出身中学が地元なのかどうか気になったりしますよね。

※一部メンバーに変更がある場合もあり

【スポンサードリンク】

地方大会の結果や近年の野球部の成績など

乙訓野球部については、過去のデータは一切ない。

何しろ、今回が春夏を通して悲願の甲子園出場となったのだから。

この春の選抜2018が、メンバーたちの今年の士気を大幅に高めるに違いないだろうし学校中も応援している。

全国経験はないが、昨年の県大会では優勝しており近畿大会ではベスト4に食い込んでいるので県の代表としての期待が高まり選抜入りが決まったと思われる。

注目の選手は、富山大樹選手。

スリークォーター投球で相手を打ちづらくする左腕。

最速138kmのストレートとスライダーを中心に多くの練習をこなしてきた。

チームの大黒柱の一人として、初出場でまずは一勝を積み上げていきたい。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :