2018年春の選抜!星稜野球部メンバーの出身中学を完全網羅!

ここでは、現在行われている2018年春の選抜高校野球大会に出場している星稜高校の野球部のメンバーと出身中学を調べてみました。

東海大相模と大阪桐蔭の2強と言われているこの春の選抜だが、果たして今年初めての全国制覇をするところはどこなのか?

前半はメンバーの出身中学、後半はその野球部の追加情報を記載しています。

【スポンサードリンク】

星稜野球部のメンバーと出身中学

以下では、2018年春の選抜に出場している星稜野球部メンバーとその出身中学についてまとめてみました。

背番号 選手名 学年 身長/体重 投打 打率(※)
1 ○竹谷 理央 3年 173/79 右左 .333
2 山瀬 慎之助 2年 176/83 右右 .308
3 福本 陽生 2年 170/79 右右 .371
4 東海林 航介 2年 180/72 右左 .294
5 南保 良太郎 3年 175/74 右左 .382
6 河井 陽紀 3年 175/77 右右 .296
7 平野 慎太郎 3年 174/77 右右 .333
8 鯰田 啓介 3年 171/70 左左 .324
9 今村 亮太 3年 173/73 右右 –
10 国本 憲辰 3年 178/82 右右 .111
11 奥川 恭伸 2年 182/81 右右 .381
12 西岡 秀太 3年 177/77 右右 .250
13 山口 来聖 3年 174/75 左左 .500
14 佐々井 光希 3年 168/69 右右 .273
15 竹中 健太 3年 171/74 右右 .000
16 岡田 大響 2年 178/76 左左 .500
17 田中 秀明 3年 177/82 右右 –
18 寺沢 孝多 2年 174/68 左左 –

※打率は地方大会のもの

以上です。

自分の応援している高校だと、その野球部のスタメンから始め控えなど出身中学が地元なのかどうか気になったりしますよね。

※一部メンバーに変更がある場合もあり

【スポンサードリンク】

地方大会の結果や近年の野球部の成績など

星稜野球部については、あの本田圭佑が所属していたサッカー部と並ぶぐらい超有名。

さすがに有名校と言われるだけあって、春の選抜は11回出場で1990年代にベスト8まで上がってきたことがある。

また、夏の甲子園の出場回数は18回。

そして、95年に準優勝に輝いているのだ。

ただ、近年では強豪校ではあるが入賞するような成績を残せていないのではがゆいところだろうか。

県大会は日本航空石川高校に決勝を10-9で制して優勝したが、一転して北信越大会決勝ではその日本航空に10-0で圧倒負けを喫してしまい安定しているとは言えない状況。

ただ、常連校としての粘り強さがあるのでそれを武器に頑張って欲しい。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :