宮本から君へ 最終回のネタバレと結末!ドラマは原作よりも明るい雰囲気か

宮本から君への最終回ネタバレを最速でお届けするだけでなく、どんなドラマにも必ずある伏線やツッコミどころなどの「独自の裏テーマ」などを公開しています(後半にネタバレ内容追記しました)。

最近ではドラマの結末があまり含みを持たせないシンプルな内容になっていることが多いが、そこには大きな意味があると考える。

そこで今回は、ドラマ「宮本から君へ」の結末・最終回がどうなるのか気になっている人も多いと思うのでネタバレを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

ストーリー展開は過去のどんなドラマに近いか!?

「宮本から君へ」は、原作漫画が20年以上も前に発売されてからようやく映像化されたので作者も感慨深いだろう。

また、2009年にもリニューアル発売されているので実は隠れた名作品でファンが多いことから今回の実写化につながったのではないだろうか。

絵柄がちょっと・・・・という人もいるかもしれないが今回のドラマでは素晴らしく豪華な俳優陣が出演しているので驚くほど豪華な深夜ドラマになるだろう。

で、主人公の宮本は文具メーカーでさえないサラリーマンをやっていて上司や周りの仲間からも特段評価はされていない存在。

こういう形から入るドラマ、結構あるよね~。

とくに上司に最初は怒られっぱなしの主人公。

だが、ある日電車のホームでとある女性に一目ぼれをしてしまった宮本。

しかし、同僚には「あまりにも高嶺の花すぎる」と言われてしまう。

それもそうだ。

相手は、お嬢様である甲田美沙子だった。

仕事もダメダメで、恋愛もダメダメだったがここから絶望しながらも人として成長していくというのがお決まりだろう。

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

さて、ドラマ「宮本から君へ」最終回のネタバレをしよう。

まず結末から言うと、同じ会社から独立した先輩の知人である中野靖子と一緒になる。

このドラマの負の部分は、靖子がとある男に襲われたり嫌な目にあってしまうことがあるからなのだ。

でも、仕事はダメだけど付き合うと決めた宮本はこの女性を一生守る気概で生きていくことを宣言する。

仕事も、周りのサポートが徐々に受けられるようになり実は最初に一目惚れした美沙子も彼のことを評価することになるのではないか。

原作と漫画は違う可能性はあるが、社会人として成長した先には誰と結ばれるのだろうか。

この作品に観る違った角度からの視点と感想
最近は、20年、30年以上も前に好評だった原作小説や漫画が映像化されることが多い。

今回、このドラマの主人公を務める池松壮亮も偶然か「銀と金」という20年以上前に人気を呼んだ漫画のドラマに最近出演したばかりだ。

ちょっと暗めのテイストが入った深夜帯は池松壮亮に任せておけということか(笑)

いずれにせよ、漫画がどのようにドラマでリニューアルされるかが楽しみだ。

※以下は放送終了直後に追記したネタバレ

第一話

ある日、宮本は駅のホームで待っていた。

毎日見る、同じ電車に乗る憧れのお嬢様風の綺麗な女性。

そこには、同僚の田島も来たがとても手が届かない存在と言う。

そして宮本が就職した文具会社へ出社して仕事をしていると、朝起きて仕事行って帰る毎日に飽き飽きしていた。

次の日、またまたホームで彼女を待っていたが今までずっと2か月間声をかけられずに見ていただけだった。

しかし、あるところで得た情報では彼女の名前は「甲田美沙子」で自分の会社の近くの企業で受付をしていることがわかった。

仕事は、文具の営業にいくがお店の人に邪険にされる。

美沙子の後についていったら、子供が途中で偶然クレヨンを落とした。

宮本が子供のために拾っていたら、美沙子も何も言わずに一緒に拾ってくれた。

でも、宮本は話しかけられず美沙子もクレヨンを子供に拾ってあげたらそのまま去っていった。

居酒屋で、社会人の厳しさを酔っぱらって語る宮本。

学校にいたことろは、イケメンとか運動ができるとかもっと単純なことで評価されていたけど社会ではそうはいかないと。

田島がそれにツッコむが酔ってもみ合いになる。

「何かでっかいことがしたいんだよ~~~~~!」と叫ぶ宮本。

そして次の日もホームで後ろから美沙子を見ている宮本。

でも、この日はいつもの宮本とは違った。

なんと、後ろから電車を待っている美沙子に近づいて美沙子が電車に乗ろうとした瞬間・・・「ちょっと待ってください!!!!僕の名前は!宮本浩です!」といきなり叫んだ。

それに対する美沙子は驚いた様子で「はい」と言っただけ。

でも、こっから宮本のつまらない生活は好転し始めた。

後日、仕事で新規開拓の営業に行ったが上手くプレゼンができなくてとまどっていた。

そのことを、ホームで美沙子と話して笑っていた。

そう、美沙子と通勤中に話すようになったのだった。

その話の最中に美沙子から合コンに誘われた。

大人しいと思ったら意外と積極的なんだな~。

合コンに舞い上がる宮本。

それを聞いた田島は、当然合コンメンバーに入り戦略を練る。

そしてコンドームを宮本に渡す。

目立たない大芝も参加で3人揃う。

次の日、美沙子と通勤中に話している時に彼女が元カノと同じものを使っていたことが判明。

そして合コン当日。

美沙子のお店に入ると女子3人がいて、自己紹介が始まった。

しかし、そのうちのユナちゃんという女性がおっちょこちょいすぎていきなりビールをこぼす。

しかし、その後はギャグに徹した田島のおかげでそれなりに盛り上がっていた。

席替えして、ユナちゃんと話す宮本だがユナちゃんから尊敬の念をいい渡される。

というのも、駅のホームでいきなり美沙子に声をかけた宮本の勇気と度胸に感心したからだ。

だから美沙子は宮本と会ってみたいというユナちゃんと話す機会を設けたのだ。

すると突然、事件が起きた。

ユナちゃんが宮本のためにコートを持ってきたがその際にフルーツポンチの中に宮本のコンドームが入ってしまったのだ。

全員が何だろうと覗く・・・・ピンチ!

続く・・。

【スポンサードリンク】