コンフィデンスマンJP 最終回のネタバレと結末!ドラマは原作なしのオリジナル

コンフィデンスマンJPの最終回ネタバレを最速でお届けするだけでなく、どんなドラマにも必ずある伏線やツッコミどころなどの「独自の裏テーマ」などを公開しています(後半にネタバレ内容を追記済み)。

最近ではドラマの結末があまり含みを持たせないシンプルな内容になっていることが多いが、そこには大きな意味があると考える。

そこで今回は、ドラマ「コンフィデンスマンJP」の結末・最終回がどうなるのか気になっている人も多いと思うのでネタバレを参考にしてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

ストーリー展開は過去のどんなドラマに近いか!?

「コンフィデンスマンJP」、長澤まさみ演じるダー子が女性なのにこのタイトル。

ある意味で、彼女が男以上に男まさりなところから取ってつけた「マン」なんだろう。

信用詐欺師で、悪徳な奴らを社会的に退治するドラマは有名どころでは山P主演の「クロサギ」があったなと。

ただ、今回はクロサギの時よりももっと痛快なエンターテイメントということなのでストーリー展開はより一層テンポが速く詐欺の手口が巧妙に描かれている。

長澤まさみ自身は、嘘をついたり人を欺くような駆け引きは得意でないと事前のインタビューで答えているが今回の役柄は「二転三転する爽快なコンビジネス」だから月9に出演するリスクを喜んでとっているという。

で、ダー子は1話1話伏線を張り巡らしながら痛快なトリックとアイデアで視聴者をうならせる行動を継続していくが・・・。

【スポンサードリンク】

結末ネタバレ

さて、ドラマ「コンフィデンスマンJP」最終回のネタバレをしよう。

まず結末から言うと、原作はないがオリジナルの脚本家が長澤まさみいわく「こういった痛快なトリックが得意で伏線を張っている」と言っていることから「1話完結ではあるものの、最終話でサプライズなゲストと仕掛けで最高のフィニッシュを飾る」であろう。

しかし、天才奇才のダー子とその仲間2人がやることは後半になるにつれて簡単にいかなくなっていく。

二転三転するコンゲームは、特に7話以降のゲスト出演からダー子が凹みそうになるまで追い込まれてそこからさらに切り札を出さざるを得ない状況というのが作られるに違いない。

1~3話ぐらいまでの序盤は、痛快にコンゲームを支配していくダー子だが段々と話が進んでいくにつれてダー子たちは逆に鴨にされそうになる展開が待っている。

しかし、最終話やクライマックスでは今ままでの伏線をしっかりと回収した上で「騙されたダー子だったが、それはすべてダー子の掌の上だった・・・」という形で危ない場面がありながらも痛快にエンディングを迎えることだろう。

※以下は放送終了後に追記した内容

第一話

冒頭ではダー子が哲学書を読んでいた。

そして物語が始まり、ナンバーワンホストの心人がホストクラブ社長の久美子と一緒に裏カジノへ行く。

バーの奥のドアを開けて少し歩くと、ブラックジャックやルーレットなどでにぎわっていた。

そしてそこには、和服を着たこの裏カジノのオーナー「夜桜の麗」が久美子に話しかけてきた。

2人は仲が良く、カジノの奥に「サイコロ丁半勝負」というシンプルな賭け事で遊ぶことにした。

何やら自信がありそうな久美子と心人。

実際に、勝負が始まると久美子が「丁」と言えばそれが出る、「半」と言えばそうなり勝ち続ける。

実は、1日前にサイコロを振る男(壺振り)を買収して久美子の指示した通りの目が出るようになっていた。

次々と勝ち続ける久美子たちを見て、カジノのオーナーの麗からは笑顔が消えていくようになった。

和服の麗は、勝っているうちに辞めた方が良いのではないかと促されたが久美子は1億円を最後に一回だけ賭ける勝負にでる。

こんな大金を受けられるのは、オーナーの麗だけなので彼女と1億円勝負に。

そして、壺振りは麗に交代となりイカサマなしの「丁半」勝負となった・・・はずだったがすでにサイコロ事態に仕掛けが施されており久美子の「半」が勝利した。

すると、喜ぶ久美子に突然「これはあたしのお金よ!!」と麗は久美子の1億円にすがろうとする。

女2人でもみ合っているうちになんと警察がきてしまい、麗は狂ったように刀を振り回して警察に撃たれた・・・。

久美子は、この騒動が怖くてとにかく金を置いて行って逃げた。

が、久美子が出て行った瞬間に警察や客など全員が演技だったことがわかった(麗のは血糊)。

警察役の男の娘が、久美子が経営しているホストクラブにハマってダメダメになってしまったことから復讐するためにやった大掛かりな演技だった。

そしてこの騒動で男は2億円を得たと思って安心して車に乗ったが、実はすでにアタッシュケースがすり替えられて2億円を手に入れたのは3人組の方だった。

そう、夜桜の麗ことダー子、心人ことボクちゃん、政吉ことリチャードの3人がすべてを仕組んでいたのだった。

まだ導入部分なのに、2重3重の仕掛け。

「コンフィデンスマンJPがここから始まる」とダー子が言う・・・。

3人は高級ホテルのスイートルームに住んでいた。

納豆にポテチという奇抜な組み合わせが好きなダー子は、ケースの現金をだらしなく地面に置いていた。

楽しそうにしているダー子とリチャードだが、ボクちゃんは「リチャードに頼まれたからだよ」と面白くなさそうに去っていった。

そして半年後・・・・。

リチャードは制服を着ていた。

そしてある男と会っていた「おはようございます、会長。」と。

相変わらずホテルに住んでいたダー子の携帯に電話がかかってきた。

内容に驚くダー子。

半年前に出て行ったボクちゃんが急いで病院の一室に駆け付けた。

そこには、全身ボコボコにされて満身創痍で入院していたリチャードの姿がありボクちゃんは愕然とした。

リチャードをやったのは、公益財団の赤星。

著作も出版しているが、裏の顔があり経済ヤクザ業界のゴッドファーザー。

何よりも仲間を大切にし、ファミリーと呼んでいる。

例えばファミリーが困っている時、都市開発の計画を進めたいが小さなお団子屋さんの立ち退き拒否で困っている場合はその老夫婦のお店にヤクザたちがいって思いっきり嫌がらせをして閉店してもらうというアコギなことをしている。

公益財団は税務当局からの隠れ蓑にすぎず、赤星の複数の愛人などにも国税局がおしかけたが有力な情報は得られていない。

しかし、数十億規模の違法な現金を赤星が裏で保有しているのは確かで赤星自身もそろそろ海外へ持ち出さないとやばいと感じている。

そこへ、リチャードが船長になりきり赤星に近づいて徐々に時間をかけて仲良くなっていった。

そしてついに、赤星はリチャードに現金輸送の相談を持ち掛けてきた。

次の日、リチャードからの連絡を待って港付近に隠れていたダー子たちだがリチャードからの連絡もなく赤星は現れなかったのだ。

ばれた・・・リチャードの仇としてボクちゃんがリチャードの代わりをやることになった。

こうして、ダー子とボクちゃんがまた協力して赤星から大金を奪うことに。

リチャードは船で赤星の現金輸送を手伝おうと思っていたのでもう船は使えない。

そこで、ダー子は飛行機で現金輸送しようと考えわずか3ヶ月でCAになるためのすべての勉強を0から行い見事本当の航空会社のCAになりきった。

赤星をだますためには、本当にその職業につかなければダメだと思ったからだ。

そしてマニラへ到着したダー子とボクちゃんはちょっとした演技をして赤星に目をつけられることに成功。

ダー子が現地のお店で一人で飲んでいると赤星が目の前に座って話かけてきた。

空港でのボクちゃんとダー子の揉め事を見た赤星は、酒をダー子に勧めて色々とダー子から聞き出したところで酔ったふりをしたダー子がハニートラップを仕掛けようとしたところで・・・赤星は急に冷めた。

そして、そのままボクちゃんがいるホテルにダー子を連れていき2人が共謀していること、自分に協力しなければ命がないということを告げて去っていった。

でも、ボクちゃんとダー子が共謀していると赤星に見破られたのは計画通りで赤星が食いついてきたことでまず第一段階に成功した。

そして次の日、赤星のもとを訪ねたダー子とボクちゃん。

「人生で最も大切なものは何か?」

赤星にこう聞かれた2人。

赤星は「信頼だ・・・どんなことがあっても相手に委ねられるだけのな」と。

そして早速、ある荷物を国外に持っていくように命令された。

国外に持っていく方法として、ダー子は「いわき空港」というマイナーなところから輸送した方がいいと提案。

空港職員も買収でき、実際のCAになったダー子の知り合いも沢山いるからだということだ。

そして実行。

計画通り、マニラにたどり着いた。

そしたら突然、ボクちゃんが急にマニラの空港職員に捕まった!

荷物の中から、覚せい剤が出てきた。

本気で泣きそうになり、絶対に名前を言わないと怯えるボクちゃん。

牢屋で怯えていると、赤星が現れた。

赤星は「俺の名前を言わなかったな、お前は仲間だ」と言いボクちゃんを抱擁した。

これは赤星の試験だったのだった。

ボクちゃんは解放されて、ホテルに戻りダー子に文句を言う。

今度は、スーツケース20個分(20億円)を国外に持ち出すように指示される。

今回は赤星やその部下たちもついていく。

これが本命。

赤星は「万が一、情報が洩れるようなことがあったら犯人捜しはしない・・」と漏洩が即死であることを示唆した。

当日、いわき空港のライジングエアラインの搭乗口前で赤星らにチケットを渡すダー子。

そして検査ゲートを大勢で通ろうとしたところ、突然国税局査察部と名乗る団体が来てアタッシュケースの中身を見せるようにいった。

ばれたか?

しかし、ケースに入っていたのは全部日用品だった。

赤星には、ダー子たちが用意したニセ国税局が見破られていたのだった。

そして部下たちはもう一つの本物のケースと取り換えて検査を通った。

すでに飛行機が飛び立って落ち着いた様子。

ただ、赤星は情報が漏れた時は2人が原因だということを再度強調した。

赤星「覚悟できてんだろうな」

ボクちゃんは、隣でぶるぶる震えていた。

ダー子は、赤星の本を読んで感銘を受けたことをアピールしていた。

赤星は「金なんか所詮紙切れだよ。金なんか失っても取り返せるけど、信頼は一度失ったら取り返せない」と主張する。

しかし、そんな赤星にダー子は「それって・・・信頼ですか?信頼はお互いが信用し合うものでは?」と赤星が誰も信頼していないことを示唆するようなことを言った。

すると、突然飛行機がバードストライクによって大きく揺れエンジンが一つやられた。

そして、さらにまたバードストライクが起きて2つのエンジンがやられてしまい近くの空港に緊急着陸することになった。

また、着陸を無事にするために「重量のある客の荷物を機内から外へ放出」することになった。

そこでなぜか急にリチャードがチーフパーサーとして現れて、赤星の現金が入ったケースをすべて外に投げ出した。

パイロットまで抱き込んだダー子たちの戦略に、赤星は当然ながら大激怒!

飛行機の下は鳥取砂丘。

その金を得るためにダー子はスカイダイビングのセットを背負って非常用ドアから飛び立とうとするも、赤星が阻止して部下にいかせようとする。

しかし、大事なファミリーである部下の誰もいかない。

あれ?お金より大事なファミリーじゃないの?

煽るダー子に、赤星は自分でスカイダイビングセットをつけて「俺の金だ~~~!」と飛び降りた!

そして無事赤星は鳥取砂丘に降り立ち、散らばっているアタッシュケースを見つけて嬉しそうに開けた。

その瞬間、赤星は愕然とした。

ちらばっているケースの中身が・・・・・なんと全部白紙の札束~~~~~!

リチャードは怪我なんかしていなくて、赤星が「海外に持ち出さないとまずい」と思わせるように最初の段階から国税局査察部を名乗って愛人に近づいていたのだった。

で、衝撃的な「いわき空港」自体も偽物。

ホームページは赤星をだますためのもので、いわき空港の施設もすべて飛行機が
飛び立ったあとに解体された。

そして飛行機の中には本物の20億のスーツケースが残りダー子たちの作戦は成功!

砂漠で赤星は、怒り狂っていた・・・「くそ~~~~~~~、覚えてろよ~~~~!」と言い残した。

で、飛行機の中のお客さん役やパイロットに報酬を支払ってみんなハッピーになった。

そしてホテルに戻って食事を楽しんでいるダー子とリチャード。

串団子を美味しそうにほお張るダー子。

なぜ、ボクちゃんにはこの計画を知らされなかったのか?

リチャードがばれることはないが、赤星のガードがあまりにも堅かったので何も知らない演技の下手なボクちゃんがその役目をやった方がいいと思ったからだ。

っていうか、そもそもなんで赤星のようなヤバい奴に目をつけたのか??

それは、冒頭の方で赤星ファミリーが潰した老夫婦の団子屋さんを復活させるためのダー子の個人的な理由からだった。

そして・・・20億円の報酬の分配タイム!!!!

リチャードは、2人に封筒を渡した・・・・が!

中に入っていたのは数百円!?

リチャードいわく、今回の計画の諸々の経費(空港設営代、ゲストたちへの報酬、チャーター便などなど)が差し引かれて最終的にこの金額になった。

あきれて去っていくボクちゃん。

ただ団子屋さん夫婦を救っただけだったじゃん(笑)

でも楽しそうなダー子だった。

続く・・・。

【ここまでのちょっとした感想】

久々に、江口洋介があわあわしている場面が見れて笑いが止まらなかった。

他のドラマでは、いつも「キリッ!」とした表情を崩さずに演技しているから「俺の金だ~~~~~!」なんて右往左往する情けない悪党役を見れてスッキリ(笑)

長澤まさみが演じている天才肌のダー子という設定もとても見ていて気分がいい。

コンゲームということなので、見ている最中は常に自分が何か見落としてないかとか「これは演技なのか?」など疑いの目で観てしまっていてそういう意味でも面白い(笑)

とにかく、長澤まさみの演技がキレがよくて元気、月9に新しい風を吹かせているようで2話目以降も絶対に観たいという欲望が止まらなくなった。

第二話

お寿司屋に外国人を接待しているダー子。

厨房で仕事しているのは、リチャードとボクちゃん。

ただ、この寿司屋は外観は素晴らしいが接待客に出している寿司はスーパーで買った既製品(笑)

それをリチャードが厳しい顔でプロフェッショナルよろしく握っているふりをしているのだ。

美味い寿司に感銘を受けた外国人であるウラジミールの提案により、ぜひモスクワにも出店してみないかと打診された。

そこでウラジミールから支度金として2億円を渡された。

で、ボクちゃんとリチャードの茶番が一通り終わった後にこの本物のビルの管理人が入ってきて注意され、外国人からダー子たちが金を奪おうとしたことがばれて3人は逃げた。

結果的に、2億円は手に入ってなかったがここからが本編。

相変わらずホテルに帰って宴をしていると、ボクちゃんが「ロシアのマフィアに殺されかけたんだぞ~!」と怒る。

で、ボクちゃんはこの世界から引退すると言って2人の元から去っていった。

その2か月後、ボクちゃんは戻ってきた(笑)

ボクちゃんの相談内容は、とある場所に「すずや」という宿がありこの2か月の間そこの従業員や食事に感銘を受けていた。

女将さんも魅力的だったが、ある日旅館を桜田リゾートに売却することに決まってしまい従業員一同が困惑。

そして宿に視察に現れた桜田はとても横柄で、しかも「0円査定」というゴミのような扱いでタダで旅館を明け渡すように命令してきた。

従業員などは、みんな解雇される可能性が高い。

一人でいる女将さんの元にボクちゃんが気まずそうに近寄る。

そして女将さんいわく「1億5千万円あれば旅館はなんとか助かる」とのことでボクちゃんはこの金を桜田から奪うことをリチャードとダー子に打診。

嬉しそうに、ダー子たちは了承し計画を早速策定!

桜田は短大を卒業後に様々な戦略で買収などをして自分の会社を大きくしてきた。

そのため、どんなものでも手に入れるという傲慢な性格で旅館や料理店などの口コミサイトの操作なども楽にできてしまいさらに政治にも食い込んでいる業界の有名人。

ちなみに、自分がキャリアのために利用して結婚した夫とは関係が冷え切っていて毎日クラブやバー通い。

日本のリゾート王として大臣などとのパイプもあった桜田だが、一度カジノリゾート計画に失敗している過去がある。

そこを突こうと決めダー子。

不動産、リゾート開発などの書物を死ぬほど読み込んで桜田リゾートにインターンとして近づくことになった。

そして、がり勉タイプの恰好をして桜田の面接を受けたが「レポート同様、真面目すぎてつまらない」と言われる。

しかし、それに応戦するように面接でダー子は桜田リゾートの経営状況についていたいところをつき面接が終わった。

で、桜田の側近になるはずがまずは宿泊施設の仲居として働いていた。

でも、これは桜田を潰す計画の入り口にすぎない。

桜田は、SNSサイトなどで水内大臣の情報について調べていた。

と、その際に大臣がカジノ計画を一人占めしようとしているという噂のかきこみがあった。

しかしそれらはすべて、ボクちゃんたちが書き込んだもので桜田の注意を引き付けるためだけのもの。

そして桜田に呼ばれたダー子は、ダー子が真鶴の松山建設の娘だと桜田に調査されていてその地元にパイプがある水内大臣となんとしてでも近づくように命じられた。

ま、松山建設に入ったダー子は「ただいま~!」って言っただけなんだけどね(笑)

それを尾行していた側近が勘違いしてそこの娘だと思って桜田に情報を流しただけのもの。

ともあれ、ダー子は水内大臣の私設秘書である鶴田がすべてを一手に引き受けていることをホテルのラウンジで見せた。

でもその鶴田、リチャードなんですがね(笑)

水内大臣の私設秘書が鶴田であると完全に信じ込んだ桜田は、ダー子とリチャードがカジノの建設予定地について茶番的に揉めるのをじっと見ていた。

そして、鶴田は大臣が真鶴にカジノを作るということを白状したことで桜田は満足した。

次の日、桜田とダー子は個人所有の無人島に向かっていった。

この島を丸ごと買い上げるという大胆な計画を思いついた桜田。

島には、古い民宿が一件ある程度だった。

民宿を訪ねてみると、待ち構えていたのはボクちゃん。

桜田は、この島を2億で買い取ってもいいと言いそれにボクちゃんは驚いたふりをする。

ただ、実は他からも買い取りの話が来ているらしいことを桜田は気づいた。

ボクちゃんの机には、大山ホテルCEOの名刺が置かれていた(ダー子が置いた)。

これに対して、桜田は「実弾(札束)を用意して!」と強気にいくことに決めた。

ただ、ボクちゃんは桜田のことについてなんかひっかかっていた。

バーで側近と話している桜田。

翌日、島に実弾として5億円を見せた桜田。

そこで突然、ボクちゃんは「本当に・・・いいんですか。」と言い出す。

これはダー子の予想外か~~~~!

ボクちゃんは、ある民宿の写真を桜田に見せた途端彼女は少し狼狽した。

しかしそこは昔に差し押さえられてそこの娘さんが「私が必ず取り戻す!」と言った。

それが幼い頃の桜田。

ボクちゃんが話していると、側近がやってきて調査の結果この島の所有者がボクちゃんではないことがばれた。

「たぬき(夕食抜き)」「お泊り(仕入れた魚が売れ残ること)」のキーワードを何気ない時にボクちゃんに投げかけたところボクちゃんから的外れな回答がかえってきたことから偽物ではないかと勘繰ったのだ。

ボクちゃんが桜田の部下に処分されそうになる。

詐欺がバレた!

ダー子は、この後の展開について頭を張り巡らせていた!

このままでは、島でボクちゃんが処分されてしまう。

で、桜田は本物のこの島の所有者に5億の現金を渡して去っていった。

ボクちゃんのことは部下に任せた。

で、ダー子もそのまま去っていった。

拳銃を突き付けられるボクちゃん。

ダー子たちが去っていくとき、拳銃の音がして暗くなった。

次の日、桜田が会社に出勤するとニュースが流れていた。

その内容は、水内大臣が統合型リゾートを沖縄に決定したことを発表したもの。

それを見て驚く桜田。

すぐに船を走らせてあの無人島に向かった!

そして民宿に行き5億円を返してもらおうとしたが、実は本当に本当の島の所有者がそこにいた。

5億円は、見事にダー子たちの元に入った。

で、側近の五十嵐はダー子と知り合いだったのだ。

ボクちゃんは・・・・色々と思い返してみるとこの計画に必要なかった!?

さらに、ボクちゃんにすずやに行くように仕向けたのもダー子。

またまたボクちゃんは利用された感じで怒り心頭。

さて、今回の分け前は・・・ボクちゃんに1億5千万円!

これをもって、すずやの女将のところにいったボクちゃん。

これで女将との恋が・・・と思ったがすでに料理長とできていた女将。

ボクちゃんはショックを受けてそのままお金を寄付して置いていった。

1年後・・・桜田リゾートは生まれ変わってすずやの面影を大きく残していた。

桜田は・・・社員から引き留められたが責任をとって辞任した。

その後、海辺の町で宿泊施設を運営することにしたようだ。

【スポンサードリンク】