Missデビルのあらすじとキャスト・出演者の紹介とその考察。漫画化も決定

ドラマ「Missデビル」のあらすじとキャストを公開しています。

「出演者や作品のジャンル、そしてストーリーの触り」を知っておいて第1話や第2話を観るかどうか決めている人も多いだろう。

ちなみに、面白そうと思ったドラマが「放送時間帯にリアルタイムで観れない!」「CMが入るのが面倒くさい」「わざわざその時間に合わせなくても自分のタイミングで観たい!」という人などは、大手配信サービスでも無料期間内でご覧になることができます。

個人的には、ドラマは「出演者30%、ストーリー70%」で面白さが決まると考えている。

そのため、あらすじやキャストを知ることはより深くドラマの世界に浸かりたい人は物語の概要や出演している俳優、相関図などを知っておいて損はない。

今回は、「MISSデビル」のキャストとあらすじを参考にしてもらえればと思う。

また、過去のドラマを数多く観てきた中で主演やキャストについての意見、それにあらすじや作品に対するマル秘考察も述べているので暇つぶしに参考にしてもらいたい。

【スポンサードリンク】

キャストや作中の人物像とドラマのあらすじ紹介

ドラマ「MISSデビル」のあらすじとキャストについて、まずは以下にキャストを紹介しよう。

椿 眞子(つばき まこ)〈年齢不詳〉- 菜々緒
斉藤 博史(さいとう ひろし)〈23〉- 佐藤勝利(Sexy Zone)
伊藤 千紘(いとう ちひろ)〈40〉- 木村佳乃
大沢 友晴(おおさわともはる)〈57〉- 船越英一郎
喜多村 完治(きたむら かんじ)〈72〉- 西田敏行
沖津 周平(おきづ しゅうへい)〈34〉- 和田正人
藤堂 真冬(とうどう まふゆ)〈22〉- 白石聖
斉藤 修(さいとうおさむ)〈56〉- 鶴見辰吾


以上がMISSデビルの出演者である。

続いて、以下のあらすじも参考にしてもらえればと思う。

・あらすじ

老舗の損害保険会社「共亜火災」に入社することになった博史(佐藤勝利)は、家族に愛されて育った心優しい青年。就職活動中に親しくなった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、関内(山本直寛)と共に、晴れて入社式の日を迎えた。

初めての会社員生活に挑む彼らを待ち受けていたのは、「社員は家族」をモットーとする会長の喜多村(西田敏行)と、腹の奥で何を考えているかわからない社長の大沢(船越英一郎)、切れ者だが心優しき人事部長・千紘(木村佳乃)。

そして、大沢の抜擢で「共亜火災」にやってきた人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)。博史たちは、入社翌日から眞子の元で新人研修を受けることになった。

そしてスタートした2週間の新人研修。初日に眞子が新入社員に課したのは「退職願い」を書くことだった。その場で50人の新入社員を研修中に10人に絞ると宣言する眞子。博史たちは10組のチームに分けられ、様々な課題で順位を競うことに。

ランニングや穴掘り、チームの仲間の欠点を挙げるなど、過酷な研修に取り組む博史たち。新入社員たちは次第に疲弊し、研修初日に書いた「退職願い」を提出する者が出始めた。事故で足が不自由になった父・修(鶴見辰吾)と家族のために、歯を食いしばって研修に耐える博史。

一方、財務省にコネを持つ日下部(森永悠希)と同じチームになった南雲は、日下部とその取り巻きによって精神的に追い詰められていく。そして遂に30人以上の新入社員が「退職願い」を提出。眞子のやり方に疑問を抱いた千紘は、研修を中止するよう申し入れるが…!?

出典:http://www.ntv.co.jp/missdevil/story/index.html

【スポンサードリンク】

あらすじとキャスト・出演者についてのちょっと違った角度からの考察

この物語は一体何がポイントなのか?

やはり、菜々緒演じる椿眞子が一体何を考えて悪魔的な人事をしているのかだろう。

ただ、ツッコミどころとしては実際の会社の人事部はここまでの権限はないけどね。

外資系なんかは特に、人事よりも現場の上司に嫌われたらクビという面が強いのでそういう意味ではそれをわかった上で制作側も菜々緒のメイク映えする何の役でもできる悪魔的な人物像で人事役を演じる。

それが、フィクションの人事の怖さにつながっていくのだと。

今まで、人事部に焦点をあてられたドラマは意外と少ないなので、眞子の意図が話を追うにつれて明らかになっていく。

それにしても、この悪魔的な役はメイクもそれように合わせてきた菜々緒が適任だな・・・。

また、ドラマ化に続いて漫画化も決定したが漫画が後から決定するのは珍しいな・・。

ちなみに、あらすじやキャストなどを見て面白そうだと思ったドラマはPCやスマホなどの有料配信サービスの無料期間内で0円で視聴することも可能だ(無料期間内だけで辞めることも可能)。

全部のドラマではないが、主要なドラマはその日のリアルタイム放送が終わった翌日からすぐに視聴できたりするので見逃した人などにはありがたいだろう。

【スポンサードリンク】