ヘッドハンター(ドラマ)あらすじとキャスト・出演者の紹介と作品考察。

ドラマ「ヘッドハンター」のあらすじとキャストを公開しています。

「出演者や作品のジャンル、そしてストーリーの触り」を知っておいて第1話や第2話を観るかどうか決めている人も多いだろう。

ちなみに、面白そうと思ったドラマが「放送時間帯にリアルタイムで観れない!」「CMが入るのが面倒くさい」「わざわざその時間に合わせなくても自分のタイミングで観たい!」という人などは、大手配信サービスでも無料期間内でご覧になることができます。

個人的には、ドラマは「出演者30%、ストーリー70%」で面白さが決まると考えている。

そのため、あらすじやキャストを知ることはより深くドラマの世界に浸かりたい人は物語の概要や出演している俳優、相関図などを知っておいて損はない。

今回は、「ヘッドハンター」のキャストとあらすじを参考にしてもらえればと思う。

また、過去のドラマを数多く観てきた中で主演やキャストについての意見、それにあらすじや作品に対するマル秘考察も述べているので暇つぶしに参考にしてもらいたい。

【スポンサードリンク】

キャストや作中の人物像とドラマのあらすじ紹介

ドラマ「ヘッドハンター」のあらすじとキャストについて、まずは以下にキャストを紹介しよう。

黒澤 和樹 – 江口洋介
サーチ会社である「SAGASU」で社長およびヘッドハンターを務める男性。

赤城 響子 – 小池栄子
転職斡旋会社である「ブリッジ」でシニアバイスを務める女性。大学卒業後、アメリカへ行き、MBAを取得するが、「SAGASU」の少々乱暴的なやり口に不満を感じている。

灰谷 哲也 – 杉本哲太
サーチ会社である「SAGASU」で総務および経理を務める男性。黒澤の苦手な事務作業をサポートするが、彼とは因縁がある。

眞城 昭 – 平山浩行
情報通のフリー記者。サーチ会社「SAGASU」とは協力関係にある。

舘林 美憂 – 徳永えり
サーチ会社「SAGASU」のリサーチャー。高い知識とパソコン能力を持ち、洞察力にも優れている。

及川 百合 – 山賀琴子
黒澤行きつけの古い洋食屋の看板娘。

武井 恭平 – 岡田龍太郎


以上がヘッドハンターの出演者である。

続いて、以下のあらすじも参考にしてもらえればと思う。

・あらすじ

ヘッドハンターとは、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋する者をいう。

この物語はヘッドハンターを生業とするひとりの男・黒澤和樹(江口洋介)を通じ、転職にまつわる様々な人間模様を描く新しいヒューマンドラマ。

対象者の心の奥深くまで入り込み、選択を迫ってゆく強引なやり方に、ある者は“救われた”といい、ある者は“酷い目にあった”という。はたして黒澤は、人生の転機に現れた救世主か?それとも悪魔か?

大手家電メーカーのマルヨシ製作所の社長・横河は大勢のマスコミを前に、大幅な構造改革を発表する。その様子を会議室のモニターで見ていた技術者の谷口は、消極的な経営方針にうんざり顔。その時、彼の脳裏にある言葉がフラッシュバックする。

「あなたの値段、知りたいと思いませんか?」…数日前、谷口は「SAGASU」代表のヘッドハンター・黒澤にそんな言葉ともに転職の誘いを受けた。

音響機器のエンジニアとしての手腕が買われての引き抜き話だった。だが過去に3度転職を断った谷口は慎重な態度を崩さない。一体、何が彼の決断を鈍らせているのか?

「SAGASU」は黒澤、灰谷哲也(杉本哲太)、舘林美憂(徳永えり)、わずか3名という弱小人材紹介会社。難攻不落の難しい転職案件ばかりを扱っている。黒澤は経歴が謎で、30年の付き合いがある灰谷ですら詳細を知らない。二人の仲も複雑なようだ。

灰谷と美憂は、とあるパーティーの席で、転職斡旋会社最大手「ブリッジ」の赤城響子(小池栄子)に出くわす。業界の信用度向上を目指す彼女は、乱暴な黒澤の仕事ぶりを嫌悪し、あからさまにライバル心を燃やす。

家族や先輩への想いから転職を決断できずにいる谷口に、黒澤は「あなたにとって一番大切なものは何か?」と問う。はたして黒澤は谷口のヘッドハントを成功させられるのか?

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/head_hunter/story/

【スポンサードリンク】

あらすじとキャスト・出演者についてのちょっと違った角度からの考察

正直、テレビ東京が今回の「経済+ドラマ」というコンセプトでこのヘッドハンターを放送することが決定してから自分は小躍りしていた。

テレビ東京は、WBSやガイアの夜明けなど経済系の話題を提供することに非常に定評があり22時の時間帯にドラマをやるということ自体テレ東からすると冒険しているかと思うが主演に江口洋介や小池栄子などがいることから配役は最高だ。

江口洋介は、火曜日の22時にガイアの夜明けで案内人役をしているし小池栄子は様々なビジネス番組で経営者にインタビューしたり世界の最前線のビジネス状況などを把握している異色の経済グラビアタレントだ。

ヘッドハンターという人から連絡があったことがあるサラリーマンはほんの一握りだと思うがそういう人たちがどんな人物なのか気にならないだろうか。

また、作中では江口洋介が演じる会社の代表・黒澤としてたった3人でヘッドハント業務をしているが、この設定はそれほど違和感もない。

というのも、ヘッドハンター業界自体がそんなに大規模でやっていることの方が少ないからだ。

テレビ東京がゴールデンの時間帯に放送する経済ドラマ・・・個人的には今期一番の熱が自分の中にこもっているかもしれない・・。

また、最終回や話の結末などが気になる人は以下の記事も参考になります。

・ヘッドハンター(ドラマ)最終回のネタバレと結末!「本当に大切なものがわかる」

ちなみに、あらすじやキャストなどを見て面白そうだと思ったドラマはPCやスマホなどの有料配信サービスの無料期間内で0円で視聴することも可能だ(無料期間内だけで辞めることも可能)。

全部のドラマではないが、主要なドラマはその日のリアルタイム放送が終わった翌日からすぐに視聴できたりするので見逃した人などにはありがたいだろう。

【スポンサードリンク】