【花のち晴れ】ドラマあらすじとキャスト・出演者の紹介とその考察。

ドラマ「花のち晴れ」のあらすじとキャストを公開しています。

「出演者や作品のジャンル、そしてストーリーの触り」を知っておいて第1話や第2話を観るかどうか決めている人も多いだろう。

ちなみに、面白そうと思ったドラマが「放送時間帯にリアルタイムで観れない!」「CMが入るのが面倒くさい」「わざわざその時間に合わせなくても自分のタイミングで観たい!」という人などは、大手配信サービスでも無料期間内でご覧になることができます。

個人的には、ドラマは「出演者30%、ストーリー70%」で面白さが決まると考えている。

そのため、あらすじやキャストを知ることはより深くドラマの世界に浸かりたい人は物語の概要や出演している俳優、相関図などを知っておいて損はない。

今回は、「花のち晴れ」のキャストとあらすじを参考にしてもらえればと思う。

また、過去のドラマを数多く観てきた中で主演やキャストについての意見、それにあらすじや作品に対するマル秘考察も述べているので暇つぶしに参考にしてもらいたい。

【スポンサードリンク】

キャストや作中の人物像とドラマのあらすじ紹介

ドラマ「花のち晴れ」のあらすじとキャストについて、まずは以下にキャストを紹介しよう。

江戸川 音・・・杉咲 花
神楽木 晴・・・平野紫耀(King & Prince)
馳 天馬・・・中川大志
平 海斗・・・濱田龍臣
西留・・・飯豊まりえ
真矢 愛莉・・・今田美桜
成宮 一茶・・・鈴木 仁
栄美 杉丸・・・中田圭祐
江戸川 誠・・・反町隆史
メイド頭・タマ・・・佐々木すみ江
秘書・西田・・・デビット伊東
紺野 亜里沙・・・木南晴夏
馳 美代子・・・堀内敬子
馳 一馬・・・テット・ワダ
小林 孝蔵・・・志賀廣太郎
馳 利恵・・・高岡早紀
神楽木 巌・・・ 滝藤賢一
江戸川 由紀恵・・・菊池桃子


以上が花のち晴れの出演者である。

続いて、以下のあらすじも参考にしてもらえればと思う。

・あらすじ

資産家の子女が集まる名門校・英徳学園。伝説の4人組“F4エフフォー”が卒業して10年、学園はかつての輝きを失いかけていた。

2018年春。英徳学園の高等部2年生・江戸川音(杉咲花)は、父が経営する大手化粧品メーカー「エド・クオリティ化粧品」が倒産し、生活が一変。母・由紀恵(菊池桃子)と二人、貧乏生活を送りながら、“隠れ庶民”として英徳学園に通っていた。

一方、その英徳学園でカリスマとして崇められているのが、神楽木ホールディングスの御曹司である神楽木晴(平野紫耀)。父・巌(滝藤賢一)は、道明寺財閥と肩を並べる日本三大財閥の一つを束ねる若き会長だ。

F4エフフォーの道明寺司に憧れる晴は、英徳学園に栄光を取り戻すため、幼馴染の平海斗(濱田龍臣)らと“C5シーファイブ”を結成。「学園に寄付金を払えない庶民は英徳にふさわしくない」として生徒を退学させる“庶民狩り”を行っている。

“隠れ庶民”の音は“庶民狩り”におびえながらも英徳学園に通い続けていたが、それにはある理由が・・・。音には馳天馬(中川大志)という婚約者がいて、天馬の継母・利恵(高岡早紀)から「音が18歳になるまで英徳学園に通うこと」を結婚の条件にされているのだ。

そんなある日、音と晴は最悪の出会いを果たし…。

出典:http://www.tbs.co.jp/hana_hare/story/

【スポンサードリンク】

あらすじとキャスト・出演者についてのちょっと違った角度からの考察

昔、藤原紀香主演の映画でも井上真央主演のドラマでもヒットした「花より男子」の続編という位置づけになっているところがまず興味深い。

この花より男子の漫画原作は、当時よく読んでいたな~と。

今回は、すでにF4がいなくなってから10年が経った学園が舞台。

井上真央が花より男子に出演してから一気に彼女が女優としてヒットしたように、今回は杉咲花がこのドラマを通して全国区にのし上がる可能性もありそうだ。

それにしても、花より男子でもあった「キラキラ数人組と一部の庶民たち」という対立構造から始まるのは変わらないんだな~(笑)

F4が、C5になった・・・・まるでアンドロイドか何かを舞台にしているドラマに聞こえる(笑)

ちなみに、あらすじやキャストなどを見て面白そうだと思ったドラマはPCやスマホなどの有料配信サービスの無料期間内で0円で視聴することも可能だ(無料期間内だけで辞めることも可能)。

全部のドラマではないが、主要なドラマはその日のリアルタイム放送が終わった翌日からすぐに視聴できたりするので見逃した人などにはありがたいだろう。

【スポンサードリンク】