やけに弁の立つ弁護士が学校でほえるのあらすじとキャスト・出演者の紹介とその考察。

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」のあらすじとキャストを公開しています。

「出演者や作品のジャンル、そしてストーリーの触り」を知っておいて第1話や第2話を観るかどうか決めている人も多いだろう。

ちなみに、面白そうと思ったドラマが「放送時間帯にリアルタイムで観れない!」「CMが入るのが面倒くさい」「わざわざその時間に合わせなくても自分のタイミングで観たい!」という人などは、大手配信サービスでも無料期間内でご覧になることができます。

個人的には、ドラマは「出演者30%、ストーリー70%」で面白さが決まると考えている。

そのため、あらすじやキャストを知ることはより深くドラマの世界に浸かりたい人は物語の概要や出演している俳優、相関図などを知っておいて損はない。

今回は、「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」のキャストとあらすじを参考にしてもらえればと思う。

また、過去のドラマを数多く観てきた中で主演やキャストについての意見、それにあらすじや作品に対するマル秘考察も述べているので暇つぶしに参考にしてもらいたい。

【スポンサードリンク】

キャストや作中の人物像とドラマのあらすじ紹介

ドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」のあらすじとキャストについて、まずは以下にキャストを紹介しよう。

田口章太郎/神木隆之介
三浦雄二/田辺誠一
望月詩織/岸井ゆきの
宇野浩平/佐藤隆太
駒井朋子/濱田マリ
曽根崎啓介/菅原大吉
倉守賢三/小堺一機
高城英子/南果歩


以上がやけに弁の立つ弁護士が学校でほえるの出演者である。

続いて、以下のあらすじも参考にしてもらえればと思う。

・あらすじ

新人弁護師・田口章太郎(神木隆之介)は青葉第一中学の校長室にいた。

今春から導入された「スクールロイヤー制度」で、弁護士事務所のボス・高城(南果歩)から派遣されたのだ。

担任の望月(岸井ゆきの)から娘が体罰を受けたと抗議をしてきた保護者・水島(堀内敬子)に対し、田口は「あなたの行為は『威力業務妨害』にあたる」と言い切り、見事に追い返す。

校長の倉守(小堺一機)は事なきを得たと上機嫌だが、教務主任の三浦(田辺誠一)は田口のやり方に反発する。

それから数日後、体罰問題は思わぬ事態へと発展することになる。

出典:http://www.nhk.or.jp/dodra/yakeben/html_yakeben_story.html

【スポンサードリンク】

あらすじとキャスト・出演者についてのちょっと違った角度からの考察

インパクトのあるタイトルだけでなく、この「スクールロイヤー制度」というのは新しい試みで実際に導入してもありな気がする。

最近では、モンスターペアレンツが増えていると教師側は嘆いているというニュースが多いので学校に保健室の先生を置くように弁護士も常駐させるというのは良いアイデアではないか。

というかむしろ、モンスターペアレンツという問題から制作側はこの作品を放送しようかと思ったのではないか。

弁の立つ弁護士に神木隆之介が抜擢されたことはかなり楽しみだ。

彼は役柄として「ペラペラ論理的にしゃべる」のが得意そうだからだ。

ちなみに、あらすじやキャストなどを見て面白そうだと思ったドラマはPCやスマホなどの有料配信サービスの無料期間内で0円で視聴することも可能だ(無料期間内だけで辞めることも可能)。

全部のドラマではないが、主要なドラマはその日のリアルタイム放送が終わった翌日からすぐに視聴できたりするので見逃した人などにはありがたいだろう。

【スポンサードリンク】