おっさんずラブのあらすじとキャスト・出演者の紹介とその考察。

ドラマ「おっさんずラブ」のあらすじとキャストを公開しています。

「出演者や作品のジャンル、そしてストーリーの触り」を知っておいて第1話や第2話を観るかどうか決めている人も多いだろう。

ちなみに、面白そうと思ったドラマが「放送時間帯にリアルタイムで観れない!」「CMが入るのが面倒くさい」「わざわざその時間に合わせなくても自分のタイミングで観たい!」という人などは、大手配信サービスでも無料期間内でご覧になることができます。

個人的には、ドラマは「出演者30%、ストーリー70%」で面白さが決まると考えている。

そのため、あらすじやキャストを知ることはより深くドラマの世界に浸かりたい人は物語の概要や出演している俳優、相関図などを知っておいて損はない。

今回は、「おっさんずラブ」のキャストとあらすじを参考にしてもらえればと思う。

また、過去のドラマを数多く観てきた中で主演やキャストについての意見、それにあらすじや作品に対するマル秘考察も述べているので暇つぶしに参考にしてもらいたい。

【スポンサードリンク】

キャストや作中の人物像とドラマのあらすじ紹介

ドラマ「おっさんずラブ」のあらすじとキャストについて、まずは以下にキャストを紹介しよう。

春田創一(はるた・そういち)33 ………田中圭
牧凌太(まき・りょうた)25 ………林遣都
荒井ちず(あらい・ちず)27 ………内田理央
栗林歌麻呂(くりばやし・うたまろ)23 ………金子大地
瀬川舞香(せがわ・まいか)45 ………伊藤修子
荒井鉄平(あらい・てっぺい)38 ………児嶋一哉
武川政宗(たけかわ・まさむね)44 ………眞島秀和
黒澤蝶子(くろさわ・ちょうこ)50 ………大塚寧々
黒澤武蔵(くろさわ・むさし)55 ………吉田鋼太郎


以上がおっさんずラブの出演者である。

続いて、以下のあらすじも参考にしてもらえればと思う。

・あらすじ

結婚したいのに全然モテない33歳の独身男・春田創一(田中圭)は通勤中、痴漢に間違われたところを、尊敬する敏腕上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に助けられる。

ところがホッとしたのも束の間、春田の目には“見てはいけないもの”が飛び込んでくる。それは…黒澤の携帯のロック画面に映し出された、春田のキメ顔写真! え、え、え? 何? いまの何!?―――動揺する春田だが、さらに仕事中、黒澤のパソコンでとんでもないものを発見。

なんと“spring”と名付けられたフォルダに、春田の隠し撮り写真が大量に保存されていたのだ! 

まさか部長…俺のことを…いやいや、確かに運命の恋にいつか巡り合えると信じて生きてきたけれど…こ、これは…

「神様。僕が希望していた運命の恋とは、少しテイストが違うような気がします」

完全にパニくった春田は黒澤を一方的に警戒し、挙動不審に…。そんな中、後輩のイケメン社員・牧凌太(林遣都)が本社から異動してくる。

牧は礼儀正しく、仕事にも一生懸命。しかも、料理までも得意らしい。折しも、息子の自立を心底願う母親に突如家出され、家事もままならず途方に暮れていた春田は、牧に同居を提案。さっそく引っ越してきた牧の“女子力”に、春田は感動しまくりで…!

その頃、運命の歯車は怒涛の勢いで回り始める。なんと、黒澤が春田を呼び出したのだ。やけにムーディーな待ち合わせ場所で春田を待っていたのは…バラの花束を持った黒澤! しかも、男気あふれる黒澤の口から飛び出したのは、「はるたんが…好きです!」という、乙女すぎる愛の告白で…!?

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove/intro/

【スポンサードリンク】

あらすじとキャスト・出演者についてのちょっと違った角度からの考察

この作品は、LGBTをもっと楽しく普通なことだと理解してもらう意図で世に出したものなのだろうか。

外国だと、もっと一般的に認識されているものだが日本ではまだ奇妙な扱いを受ける。

しかし、原作でもこの作品は多くの支持を集めており単純に読み物としても最高に面白いとの評価を受けている。

なので、重く考えるものではなくむしろそれを感じさせないコメディタッチなドラマとして楽しめるものになるだろう。

ちなみに、あらすじやキャストなどを見て面白そうだと思ったドラマはPCやスマホなどの有料配信サービスの無料期間内で0円で視聴することも可能だ(無料期間内だけで辞めることも可能)。

全部のドラマではないが、主要なドラマはその日のリアルタイム放送が終わった翌日からすぐに視聴できたりするので見逃した人などにはありがたいだろう。

【スポンサードリンク】