恋仲ネタバレ最終回!ドラマの結末は王道路線

福士蒼汰主演の恋愛ドラマ「恋仲」、クライマックスに突入してきたので最終回のネタバレをお送りしようと思う。

今期の他のドラマの視聴率が伸び悩んでいる中、健闘しているのはこの「恋仲」と「花咲舞が黙ってない!」くらいじゃないだろうか。

もちろん、恋仲は月9ということもあるのでそれを考えると視聴率は相対的に良い方とは言えないという声もあるが、最近ではあまりなかった「若い世代にストレートに胸キュンするドラマ」ということもありやはり話題になっている。

今回は、そんな恋仲の結末である最終回のネタバレを公開してしまおう。

【スポンサードリンク】

恋仲のネタバレ結末

ここからは恋仲の最終回の結末ネタバレ予想になるが、このドラマはなぜか原作の漫画があるという噂になってそれが独り歩きしている感じがあるが完全オリジナルストーリーである。

確かに、この手の恋愛モノは漫画では沢山あるのでストーリーやシチュエーションが少しでも似ていると「これが原作の元なんじゃないか」という気がしてしまうのも無理はない。

実際、福士蒼汰演じる「葵」と本田翼演じる「あかり」が幼馴染で高校時代から7年後に再会するというストーリー構成は今までの色んなドラマや映画などで見られたものだと思う。

また、そこに翔太が加わって三角関係になるという展開もよくあるパターンだろう。

しかし、上記でも書いたが近年ではこういったベタな恋愛ドラマが少なくなった印象があるので個人的にはこのタイミングで放送しているのはよいのではないかと。

幼馴染の高校生である葵とあかりの純粋な感じがなんとも胸キュンになるのだ。

しかし、父親の仕事の失敗でお互い想いをハッキリできないまま離れてしまい時が経過してしまう。

お互いが7年ぶりに再会した時はもう一人の「あおい」である翔太と付き合ってしまっていた。

しかし、あかりが父親とショッキングな対面をしてから葵との距離にスイッチが入ったように一気に縮まる展開はやはり王道だがせつない気分になる。

そしてこのドラマは第一話の冒頭が結末になっている。

【スポンサードリンク】

最後にあかりが選ぶのはやはり葵

ドラマ「恋仲」の最終回で冒頭の結婚式のシーンに戻るというのはネタバレとしては当然予想できることだろう。

しかし、最終回の結末ではそれが最後のシーンになるとは限らない。

冒頭で見せているだけあって、それよりもう少しストーリーは進むことになるのではないか。

そして、あおいが最後に選んだ肝心の相手はやはり「葵」の方だろう。

福士蒼汰が主演ということもあるし、ストーリー展開や他の恋愛映画のパターンを観ていても「久しぶりに再会した幼馴染がくっつく」というのは王道中の王道で外すことはないだろう。

葵とあかりが最終回で結婚し、そしてその後に含みを持たせた展開になるかもしれないが・・・。

いずれにせよ、今期一番の目玉ドラマとも言える「恋仲」は最終回の結末まで目が離せないだろう。

【スポンサードリンク】