スロージョギングの効果!成功と言える自分の体験談をお伝えします!

今回は私がスロージョギングを実践しており、それによって得た効果と成功体験についてシェアしたい。

自分の体調管理のために、ジョギングをする人は比較的多いだろう。

モチベーションの高いビジネスパーソンなんかは、早朝に皇居の周りを走ってから出勤する人もいるという。

しかし、それ以外の人はそもそもジョギングや運動することが面倒で、健康に良いとは思っているがいざ継続できない人も多いだろう。

ただ、スロージョギングというのは本当にメリットだらけで、運動が億劫な人でも癖になるような気持ちいいスポーツだということを詳細に言及していきたいと思う。

【スポンサードリンク】

スロージョギングはメリットしかない

スロージョギングの効果、ぶっちゃけ1週間ぐらい毎日やっていると実感できる。

何かに向かって成功をつかみ取りたいと思っている人には尚更効果的である。

そもそも、スロージョギングは普通のジョギングと何が違うのかというと、普通のジョギングと違ってとにかく遅く走るのがスロージョギングだ。

「歩いた方が速い」くらいのスピードで私も毎日走っている。

これくらいのスピードだと、疲れで苦しさを感じることがほとんどない。

基準としては、人と話しながら走れる速さが良いと言われている。

そして、スロージョギングをしていて気持ちいいのが走って15分くらい経過するとランナーズハイみたいな感じになり、アドレナリンが分泌される感じでポジティブな感じになってる。

そして、私の場合は30分と決めているのだが、走り終わったあとは仕事などで色々と頭がモヤモヤしていたのが結構スッキリとしている。

これを毎日のように繰り返しているとポジティブな考え方に日常的になるのだ。

さらに、ものすごく遅いスロージョギングでも運動効果はちゃんとあるのである程度の体力もついてくる。

またスロージョギングでも20分以上は走れば脂肪燃焼ができるので、ダイエットにもうってつけだ。

まさに、疲れないスロージョギングは精神面、体力面、ダイエットの3つを向上させることができるので一石三鳥なスポーツなのでマジでやった方がいい。

【スポンサードリンク】

手軽にできるのがスロージョギング

スロージョギングはうつ病にも効果があると言われている。

世の中の成功者たちも実はひっそりとスロージョギングをしている。

モチベーションの高い人はスロージョギングをすることによってさらにポジティブで健康な体質になるし、うつ病のような気分が落ち込んでいる人にとってはネガティブシンキングから手軽に脱出できる一番の薬にもなる。

なにより、ジムに行かずともほぼ手ぶらで外に走りにいけばいいだけなので、それもお手軽なスポーツとしておススメしている理由の一つだ。

「とはいっても運動はな・・・」と思っている人、騙されたと思って20分くらいでいいので日々の生活に取り入れてみることをおすすめする。

それによって、自分の人生が変わるかもしれないと言っても過言ではない。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*