朝フルーツダイエットの方法や効果と、実際に自分が実践した感想

最近、朝食にフルーツだけを食べるダイエット方法が認知されるようになってきた。

私自身も、現在は朝食にフルーツしか食べない生活をしている。

ただ、私の場合はダイエットを目的としたわけではないが結果的に減量につながったのでその効果と感想について言及したいと思う。

【スポンサードリンク】

やり方は簡単で、朝はフルーツだけを食べる!

朝フルーツダイエットの方法は、ものすごく簡単である。

その名前の通り、「朝食はフルーツだけしか食べない」である。

食べる量も気にしなくていい。

自分がお腹いっぱいだと思えて満足するまで食べていいという、フルーツ好きな人にとっては夢のようなダイエット方法なのである。

ただ大原則はそれだけでOKだが、細かい制約などはある。

フルーツを好きなだけ食べていいが、他のものは一切食べてはダメである。

シリアルをトッピングしたりとか、ヨーグルトをかけたりとかも絶対にダメだ。

理由は、フルーツは他の種類の食品と一緒に食べてしまうとフルーツに含まれている本来の成分が変わってしまうのである。

むしろ、他の食品と一緒に食べてしまうとカラダに悪影響を与える可能性もあると言われている。

しかし、制約はそれぐらいでりんごやグレープフルーツ、いちごやバナナなど色んなフルーツを組み合わせて食べるのは完全に自由である。

ようはフルーツの枠内であれば何種類食べてもいいのだ。

フルーツを食べると痩せる最大の要因は、食べても体内で脂肪分などのエネルギーとして蓄積されないことである。

さらに、フルーツは繊維も多く含まれているので体の毒をデトックスする作用もあるから体内にある悪いものを排出してくれる効果がある。

また、フルーツの糖分は白砂糖とかの糖分とは違い、体に良い糖分なのでこの点でも気にしなくてよい。

フルーツそれ自体は、ほとんどが水分のようなものなのでそれを考えれば食べても太らないというのは理解できることだろう。

【スポンサードリンク】

朝フルーツは痩せるだけじゃない色んな効果がある!

朝フルーツダイエットの方法がものすごく簡単だということは分かってもらえただろうか。

私も毎日、朝食を食べる時はフルーツのみにしているが感想としては「これを続けるだけでも前よりはるかに健康になった」ということだ。

高校生の頃とかは、朝食は普通にパンとかベーコンとか食べていたと思うが今では考えられないメニューである。

私が朝フルーツを始めたのはダイエット目的ではなく、体調を良くして日々の生産性を高めようと思ったからである。

実際に朝食を普通のものからフルーツのみへ変更したら、朝食を食べた後に眠くなるということがまずなくなって仕事も捗るようになった。

これだけでもすごい効果だが、フルーツのみにすると食事時間が短くなるという利点もついてくる。

モノにもよるが、食べる前の準備といえば皮をむくぐらいだろう。

この生活を続けていたら、いつのまにか5キロほど痩せていた。

ダイエットしたい人、体調を良くしたい人、朝の時間にもっと余裕が欲しい人、是非とも朝フルーツをやってみようではないか。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*