LUNA SEA真矢の収入、昔と現在の年収を比べてみたら全然違う

あの人気ビジュアル系バンド「LUNA SEA」のドラマーとして有名だった真矢。

彼の収入についてテレビで話をされているが、やはり売れていない時の売れている時の年収の差が激しい。

今回は、真矢の今と昔の稼ぎについて焦点をあててみたいと思う。

【スポンサードリンク】

真矢について

真矢は、「LUNA SEA」が本格活動していた時がメディア的には一番の絶頂期だっただろう。

しかし、真矢には意外な一面も存在しているのでざっくりと紹介したいと思う。

1970年1月13日生まれで、神奈川県秦野市の出身。

やはり彼が一番活躍していたという時期はLUNA SEAでの活動だろう。

1992年にメジャーデビューしてから2000年まで、河村隆一を筆頭にそれぞれのメンバーに個性があってソロ活動もしていた。

ちなみに真矢は、LUNA SEA全盛期の頃はちょっと太めの体型をしていたがその前はダイエットなどをして少しスリムな感じのスタイルだった。

しかし、痩せていることによってドラムを叩くパワーが無くなってしまうという理由で容姿へのこだわりを捨ててダイエットを辞めたという話がある。

ドラマーは、叩く音にパワーが必要になるのである程度しっかりした体型をしていることは重要なのでストイックなキャラとも言えるのかもしれない。

ちなみに、真矢は最近ではタレントとしてテレビに出演する機会が多かったりする。

また、サイドビジネスの方にも結構精を出しており、ラーメン店をプロデュースしたり宝石店の社長をしていたりと意外な一面もある。

また、自身の音楽活動を活かして芸術系の専門学校で講師もしている。

あの真矢が講師ということなら、生徒からしてはたまらないだろう。

そして、プライベートでは有名だが元モーニング娘の石黒彩が嫁にいる。

子供は3人おり、1男2女を持つパパである。

【スポンサードリンク】

現在の収入はどのくらいか

「LUNA SEA」で活躍していたころの真矢の収入・年収はどのくらいだったのか。

詳細な収入は明らかにされていないが、全盛期だったころは2億円の豪邸を購入していたことがあることから年収は数千万円は余裕でいっていた可能性はあろうだろう。

しかし、LUNA SEAとしての活動が終了して一時期仕事を全くしていなかったことがテレビでも言われていたことでほとんど無収入だったこともあるので真矢の場合は相当浮き沈みが激しいのである。

インディーズのころは、当然収入は雀の涙のようなものでメジャーデビューしてからは数千万以上、そして解散したあとは無収入の時期もあった。

そして現在はテレビ出演や他のビジネスもやっているので全盛期ほどではないがサラリーマン以上の金額は稼いでいるのではないだろうか。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :