二重あごの解消方法、簡単な体操で短期間でなくすことができる!

二重あごが正直コンプレックスになっている人は多いのではないだろうか。

普段は目立たないが、笑ったり特定の表情を作ると二重あごになってしまうということはあるだろう。

今回は簡単な体操で二重あごを解消してなくす方法を紹介しようと思うので実践してみてもらえればと思う。

【スポンサードリンク】

二重あごになる原因

簡単な方法でやる体操を毎日続けていれば、1ヶ月以内という短期間で二重あごの解消が可能だがそもそもなぜ二重あごになってしまうのであろうか?

これを知らなければ、せっかくちゃんとした方法で二重あごを解消してもまた元に戻ってしまう可能性がある。

二重あごは太っていない人でもなることは十分にあるので体型のせいとは一概には言えない。

原因の一つには、「表情筋が衰える」ことで二重あごになってしまうと言われている。

つまり、普段からあまり表情豊かにしていないと顔やあごを動かく機会が少なくなりそれによってたるみができてしまうということだ。

二つ目が、咀嚼の回数が少ないことによるあごの力の衰えである。

昔に比べて、食生活は全体的に柔らかいものが中心になってきているのであまり噛まずに食べ物を飲み込むということが多くなっているのだろう。

そのせいで、あごの筋肉を使わなくなって二重あごにつながると言われている。

そして最後は、姿勢の問題である。

猫背だったり、全体的に姿勢が悪いと意外かもしれないが二重あごになる原因の一つになるのである。

以上の点に留意しながら、誰でもできる二重あごの解消の簡単な方法をやってみよう。

【スポンサードリンク】

二重あごを解消する方法

「二重あごを解消したい!」という人向けに、簡単にできる体操を紹介するので試してみると良い。

この方法で実践すれば短期間で二重あごをなくすことにつながってくるので是非とも続けてみよう。

まずは首のたるみを抑えて血行を良くする体操を行おう。

やり方は簡単、「あ、い、う、え、お」とゆっくりと声に出しながら口を大きく動かす。

そして、顔を前後に動かしながら10回ほど繰り返す。

次に、あご周りの筋肉を鍛える体操を行おう。

背筋をしっかりと伸ばし、上を向きゆっくりと大きく口を開ける。

その状態で5秒間ほどキープする。

そしてまた5秒かけてゆっくりと口を閉じる。

最後に、5秒かけてゆっくりと正面を向く。

そしてラスト、頬をシャープにして小顔にする体操も行おう。

やり方は、一口分の水を入れたペットボトルを用意してフタを外しておく。

ペットボトルの口の部分を歯で加えて水がこぼれないように舌を使ってフタをする。

そしてその状態でゆっくりと天井を向く。

これで普段使わない筋肉を使うことになるのでかなり効果が出てくる。

以上の3つの体操が二重あごを短期間で解消する方法であるが、最初のうちは筋肉痛になるかもしれない。

しかし、それは効果があるということなのでちゃんと続けて二重あごを解消してコンプレックスをなくすことにつなげようではないか。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :