スクワットの効果!お腹と筋肉全身を引き締めてダイエットになる

「スクワット15回で腹筋500回分の効果がある」という名言は、筋トレをしている人にとっては有名である。

しかし、たるんだお腹や全身の筋肉を引き締めるのにスクワットが圧倒的に効果があることは知らない人も多い。

かくいう自分も、今ではスクワットを日課にすることになったが当初は「足を鍛えるもの」としか思っていなかったからだ。

そこで今回は、スクワットの絶大な効果とやり方について解説していきたい。

【スポンサードリンク】

スクワットがダイエットにつながる理由

スクワットを日常的に行うと、太りにくく痩せやすい体質になる。

それは、一見腹筋運動で引き締められるようなたるんだお腹や、全身の筋肉量を増やすことになるのである。

スクワットをすると、太ももの筋肉、おしりの筋肉、そして体幹筋という「脚の付け根から肩までの胴体部分の筋肉」が鍛えられるようになる。

太ももの筋肉を中心に、これら3つの筋肉が全身の筋肉の大部分を占めているという事実があるのだ。

そのため、スクワットを継続して行うようになると全身の筋肉量増えることにつながる。

そして、全身の筋肉量が増えると「基礎代謝」が大幅にアップすることになるのだ。

よく、「代謝がよい人は痩せやすい」と言うがまさにその通りである。

全身の筋肉量が増えて基礎代謝が増えると、普段何もしていない時でも消費するカロリーやエネルギーが増えるため「痩せ体質」になるというメカニズムなのである。

なので、スクワットそれ自体がダイエットになるということではないが「痩せやすい体になる」ということに圧倒的な効果があるのだ。

ちなみに、たるんだお腹を引き締めるにはよく腹筋運動をする人が多いが実際にはそれ単体ではあまり効果はないと言われている。

腹筋運動だけでは、お腹周りの表面の薄い筋肉を刺激することのみになってしまうからである。

なので、お腹を引き締めたいという人はスクワットや腕立てなど他の筋トレも併用することによって基礎代謝を上げたうえで腹筋運動の効果も上がるのである。

【スポンサードリンク】

スクワットで最大の効果を得るために

さて、スクワットには素晴らしい効果があるということをお伝えしてきたがさらにスクワットにはメリットがある。

それは、「気軽にできてやり方が簡単」ということだ。

スクワットは思いついた時に少しずつやるだけでも効果は出てくる。

フォームも、肩幅くらいに足を広げて立った状態で膝を地面と平行になるぐらいまで曲げてまた元の立った状態に足を伸ばす。

これを繰り返すだけでいいのだ。

注意点としては、やっている最中は意外と「イケる」と思っていても終わった後に相当膝や足にくるのであまり無理してやりすぎないことだ。

昔、高校の頃部活の合宿で100回やらされたことがあったが次に日に立つことが困難になったことがある・・・。

そのため、慣れない人は1日10回ぐらいでもいい。

やり終わった後にちょっと負担が残るようなくらいの回数を毎回続けていけば、痩せやすい体質につながっていくだろう。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :