丸山宗利、結婚して嫁と子供がいるのかどうか・・意外な素顔

日本の有名な昆虫学者である丸山宗利。

ブログではかなりあっさりした文章を書くが意外とおちゃめな一面もある。

今回は、有名な昆虫学者である丸山宗利が結婚しているのか、嫁や子供がいるのかどうかについて言及していきたい。

丸山宗利について

丸山宗利は結婚してるのか、嫁と子供の家族もちなのかどうかは気になるところだがまずは本人の事を知ってみよう。

1974年4月30日生まれなのですでに40歳を超えているのである。

有名な昆虫学者というだけあって、学歴はかなり高い。

北海道大学大学院農学研究科を卒業しているので、やはり大学時代から昆虫などの自然に触れる仕事につきたかったのではないかと学歴だけでもうかがえる。

現在は九州大学で助教をしているのだが、大学院を卒業してからはあの有名な国立科学博物館や日本を飛び出してシカゴで研究員をしていたこともあったそうだ。

見た目はあまりグローバルな感じには見えないのだが、やはりその道を極めようとするなら一度は海外にも目を向けて見ることが必要と感じたのかもしれない。

ちなみに、丸山宗利は自分が講義をするときに頭に触覚のような飾り物をつけて話をすることもあるそうで結構お茶目でシャレの聞いた人物なのである。

また、自身の著書を出版していて「ありえない虫」「昆虫はすごい」といった本はかなり人気になっているそうだ。

「昆虫はすごい」の方は、虫の世界を面白く描いていてベストセラーになったほどの人気ぶりなのである。

「ありえない虫」の方も、タイトル通り虫のように見えない不思議な虫などを紹介していて業界関係者からは大絶賛されているらしい。

確かに、昆虫の世界ってクワガタとかトカゲとかの有名なものにしか多くの人は触れないだろうし存在も知らないことが多いので「こんな昆虫もいるのか!」というのを一度は味わってみたいものだ。

結婚している様子はないか・・

さて、丸山宗利自身のすごさと面白さについて語ったがプライベート面では結婚しているのだろうか。

年齢的には嫁さんと子供がいてもおかしくはないが、全くそういう情報がないため独身で昆虫の世界にどっぷり浸かっている可能性は高そうだ。

なにしろ、400万匹もの昆虫の標本を管理しているそうなので本当に虫が好きなのだろう。

おそらく、自宅にも昆虫の標本や本物がいっぱいありそうなイメージなので家族持ちだとなかなかやりづらいかもしれない。

しかし、意外とこういった一つの分野を極めた人ってしれっと美人の嫁さんがいたりすることもあるんだよな。

CATEGORY :