細山貴嶺のダイエット方法、それは「食べたものを記録すること」

以前に太っちょ子役として一世を風靡した細山貴嶺(ほそやまたかね)。

一時期は100キロ近く体重があったが、現在では岡田斗司夫さん発案のダイエット方法を実践した結果とてもスリムでイケメンな大学生に変貌をとげていたのだった。

今回は、細山貴嶺と彼が実践したダイエット方法について言及していきたい。

【スポンサードリンク】

ダイエットをした理由

細山貴嶺が実践したダイエット方法は至って簡単なのである。

「食べたものを記録するだけ」なのだ。

これで中学校時代から現在に至るまでに40キロほど痩せたのである。

細山貴嶺がダイエットを決意した理由として言われているのが、太っていた学生時代にそれをネタに色々といじめを受けていたからだそうだ。

また、彼が通っていた学校はインターナショナルスクールなので、完全に国際派な学校である。

そのため、英語が最初はあまりしゃべれなかった細山貴嶺がからかわれたりしていたのも彼を奮起させる材料だったのかもしれない。

しかし、現在では英検1級を所有しておりインターナショナルスクールを卒業したおかげで英語もかなり堪能だそうだ。

ちなみに、現在の細山貴嶺は慶應大学ということなので、成長するにつれて見事に学校のカイダンを上がっていったと言ってもいいだろう。

英語もしゃべれるようになり、ダイエットにも成功して痩せてイケメンになり、そして高学歴の慶應大学生として生活を送っている。

まさに逆境から這い上がってスタイリッシュな生活を手に入れた成功例であると思う。

【スポンサードリンク】

食べたものを記録するレコーディングダイエット

さて、肝心の細山貴嶺が実践したダイエット方法についてだがこれはレコーディングダイエットと言われているものだ。

ノートでもパソコンでもいいので、その日に何を食べたかを記録するというだけの簡単なやり方だ。

もちろん、記録することそれ自体で痩せるなんていうトリックはないが人間の心理的なメカニズムを考えてみると納得できる。

ようは、食べたものをすぐに記録して毎日見返すことにより、自分がどれだけ食べているのか客観視できるようになるのである。

そうすると、食べ過ぎた場合は確実に記録として現れるので危機感が生まれる。

それによって、食べ過ぎないように気を付けようと「本気」で思うのである。

これはダイエットだけでなくお金でも同じようなことが言えるだろう。

家計簿を毎日つける人とそうでない人では、家計簿を毎日つけている人の方が節約できている場合が多い。

人間は都合の悪いことは忘れたがる傾向が無意識にあるように思う。

それを、記録してそれをリアルタイムで見ることによって自分の行動でよくないと思うことが客観的に表れるのである。

細山貴嶺は毎日自分が食べたものをしっかりと記録したことによって、現在のスリムな体を手に入れたことが理解できた。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*