耳鳴りの原因は脳梗塞やストレス等と関係あるのか解説

「キーン」という感じで耳鳴りを経験したことがある人は多いのではないだろうか。

それが一瞬や一時的なものなら「たまたま」で済ませられると思うが、中には継続的に耳鳴りを経験すると何か原因があるのではないかと焦ってしまうだろう。

今回は、耳鳴りがする事ついて脳梗塞やストレス等の原因があるのかどうか焦点を当ててみたいと思う。

【スポンサードリンク】

耳鳴りの原因とは一体・・

耳鳴りと言っても、一言に「キーン」という音の耳鳴りだけではないことがある。

例えば、「ジー」というセミが鳴いているような音の耳鳴りがすることもあるし「ボー」という低音な感じの耳鳴りがする場合もある。

それぞれによって脳梗塞やストレス等、原因や症状などが異なってくると言われている。

・キーンという高い耳鳴りの場合

このケースの耳鳴りが一番多いだろう。

主に加齢とともに発生する可能性が高くなっており、原因としては単純に加齢で高い音を聞き取りづらくなっていく過程で聞き取れなくなっている音の周波数を拾うようになるためらしい。

また、自律神経失調症や睡眠不足、ストレスなどでも一時的に起こると言われている。

・「ジー」というセミの鳴くような耳鳴りの場合

突発性難聴という、突然耳の聞こえが悪くなる症状で起こりやすいものである。

突然耳の片側の聞こえが悪くなってしまい、原因は不明なため早めに病院に行った方がよい。

・「ボー」という低音な耳鳴りの場合

これはメニエール病というめまいを伴う病気で起こりやすい耳鳴りである。

また、低音部が聞き取りづらくなく低音難聴の前兆としても現れてくることもある。

以上、耳鳴りの種類と主な原因を挙げたが全体的に脳梗塞など他の症状が原因となっている場合もある。

【スポンサードリンク】

耳鳴りを予防したり治すにはどうすれば・・

 
耳鳴りの原因は上記でも解説したが、必ずこれが原因という断定できるものではなくストレスや睡眠不足などの複数の要因が重なって起こる場合もある。

そのため、耳鳴りを予防するには血行を良くする行為をしたり睡眠をしっかり摂るという基本が重要になってくる。

それでも耳鳴りが半日以上続いたり、片方だけ聞こえが悪い、めまいやふらつきがするといった場合にはなるべく早めに病院に駆け込むのが一番である。

脳梗塞だとかメニエール病だとか、思いもよらない病気になる前に予防と早めの検診にいくことが重要だ。

また、「ストレス溜めるな!」と言ってもどうしようも無いこともあるがやはりストレスをなくすようにリラックスしたほうが良いのである。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :