8時間ダイエットの方法。成功には食事と飲み物の内容も大事!

アメリカ発信で話題になっている「8時間ダイエット」。

今回は、このダイエット方法とより効果的な成功の秘訣である食事と飲み物について解説したいと思う。

ジャンクフードばっかりのアメリカ食でもやせられるということなので、食事内容を考えたらもっと効果が出そうだ。

【スポンサードリンク】

8時間ダイエットの方法

この8時間ダイエット、アメリカのとある書籍や雑誌からブームに火がついて簡単な方法として注目されるようになったのだ。

そして、日本でも日本語版の本が発売されて細かいことを考えすぎないダイエット方法の一つとして定着しつつある。

この8時間ダイエットを成功させる方法は基本的には至ってシンプルだ。

それは、「一日8時間の間は何を食べても良いが残りの16時間は水以外口にしない」というものだ。

アメリカではジムなどフィットネスなどの健康意識が高い反面、食事は日本に比べるとジャンクフードで不健康なものが多いという側面がある。

実際、多くの人が想像しているようにアメリカの人たちはハンバーガーやピザ、冷凍食品の揚げ物なんかをほぼ毎日食べたりしているのだ。

しかし、8時間ダイエットならこういった食事でも効果があるのだ。

8時間ダイエットにおいてなぜ太りそうなものを沢山食べるのに痩せることができるかというと、断食に似ているからだ。

人間の体は、ものを食べてから消化及び排泄が完了するまでに必要とされる時間は16時間と言われている。

この8時間ダイエットは、この人間の消化吸収プロセスに目をつけたやり方と言える。

簡単に言うと、8時間の間に食べた食事や飲み物は残りの16時間で断食をすれば消化がスムーズに行われ、その結果脂肪の燃焼に大きく効果があるということだ。

なので、一日3食きちんと食べている人は常に消化活動をずっと続けていることになるためずっと体が休んでいないことになる。

なので、8時間ダイエットをするためには朝食か夕食のどちらかを抜くのが絶対条件になる。

だが、この8時間の間は何を食べてもよく残りの16時間は断食するということをやるだけでダイエット効果が現れることになるのだ。

【スポンサードリンク】

より効果が出る食事内容

何を食べてもいい8時間ダイエットの方法を紹介したが、とはいえダイエットの効果をさらに高めてもっと成功するためには食事と飲み物の内容にも気を使うともっとよい。

例えば、食事の場合は繊維の多いものを取り入れたり果物を中心に食べるといったことだ。

難しく考えなくてもいいので、ようは8時間の間に食べるものもできるだけ健康的なものにすればダイエットの効果がより大きく得られるということだ。

飲み物も、水や白湯にしておくとかなりその後の脂肪燃焼に大きく貢献する。

まあ基本は何を食べてもいいので一度試してみてはいかがだろうか。

【スポンサードリンク】
CATEGORY :