グリーンスムージーの効果、飲み方は「ゆっくり」がポイント!

グリーンスムージーという飲み物とその効果が世間に普通に認知されるようになったのは最近になってからのような気がする。

私もグリーンスムージーを毎日ではないが頻繁に飲んでいる。

ゆっくりと噛むように飲むのがいいらしいのである。

フルーツと同じように、毎日飲んでるだけでダイエット効果や美肌効果、そしてカラダを綺麗にしてくれるデトックス効果が期待できるこのグリーンスムージーを今回は紹介したいと思う。

【スポンサードリンク】

グリーンスムージーの効果は絶大!

グリーンスムージーの効果や飲み方について紹介していくが、まずは飲むことによって得られる色々なプラス効果について言及したい。

一つ目は、健康にものすごくいいということだ。

これは考えてみると当然である。

自分でホウレンソウや小松菜などの緑の野菜を用意して、そしてりんごやいちご、グレープフルーツなどをミキサーに投入してできあがるのがグリーンスムージーだからだ。

果物と野菜のミックスジュースなので、健康に良いのは当然である。

ちなみに、スーパーなどで売っている野菜ジュースとグリーンスムージーは全くの別物である。

自分で野菜やフルーツを買って用意して、ミキサーで作ることによって生の野菜やフルーツの酵素を取り入れることができてダイエットや体調改善などに絶大な影響を与えるのだ。

私の場合は、朝はフルーツを食べて昼食は普通に食べる。

そして、夕ご飯の前には少しお腹が減ってしまうのでそのタイミングでグリーンスムージーを作って飲むことが多い。

そして、飲んだ瞬間から効果を感じるのだ。

特に胃が「良い成分で整腸されている感覚」をお腹の中に感じるのだ。

とても気持ちのいい状態である。

【スポンサードリンク】

グリーンスムージーを飲むときの注意点

グリーンスムージーの効果が絶大なことはわかっていただけたかと思うが、ここで飲み方について少し注意した方がよいことがある。

それは、グリーンスムージーを飲むときはお腹が空っぽの状態で飲んだ方がよい。

これはフルーツを食べる時と同じ理論なのだが、例えばご飯を食べたばかりですぐにグリーンスムージーを飲んでしまうと健康になるどころか逆効果になる恐れがある。

お腹がほぼ空っぽの状態にして、他の食品と変な化学反応を起こさないように飲むことが大事なのである。

だから、私は夕食前ぐらいに飲むことが多いのだ。

お腹も空っぽに近い状態だし、意外とボリューム感もあるのでお腹が落ち着くのである。

こうして考えると、朝食にフルーツを食べて他の時間帯にグリーンスムージーを飲んでいれば100歳までは生きられるんじゃないかと思ってしまうほどだ。

でも、おかげで朝食フルーツとグリーンスムージーを飲んでいるおかげで夕食や昼食は気にせず好きなものを食べることができている。

多少ジャンクフード的なものを食べても、グリーンスムージーを飲んでるからビタミンや酵素はちゃんと取り入れているから大丈夫だろうという発想になっているのだ。

それはそれで危険だが・・・まあとにかくグリーンスムージーは簡単で思った以上に美味しくて健康なのでまずはやってみるといい。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*