レコーディングダイエットの方法はノートに記録するだけでいいんだ!

岡田斗司夫さんが発案したレコーディングダイエット方法、一時期ブームになりその後もダイエットの基本として定着されるようになっている。

ノートでもPCでもスマホアプリでもなんでもいいので、自分がその日に食べたものを記録するだけがこのダイエットの方法なので手軽で大人気なのだ。

それによって痩せることができた有名人も結構いると聞く。

今回は、レコーディングダイエットの素晴らしさと方法についてちょっと掘り下げて解説したい。

【スポンサードリンク】

レコーディングダイエットとは?

このレコーディングダイエットの方法を発案した岡田さんは結構すごい人だということがわかる。

なぜなら、このノートなどに記録して自分の心理状態を客観視させようという今までとは違った発想のダイエット方法だからだ。

普通、ダイエット方法と言えば「こういうものを食べましょう」とか「こういう簡単にできる運動をしましょう」とか実際にそれ自体がダイエットにつながるものだった。

しかし、この岡田さんのレコーディングダイエットの場合、記録それ自体は痩せることにつながらない。

でも、食べ物や運動方法を指定しているわけでもないのに痩せることができるのだ。

食べたものを書くことによって、ぼんやりとしていた一日に食べたものすべてを見ることになり、食べ過ぎた時は必然的に反省するという心理状態にさせるのである。

こういったことはやはり人に言われたりするんじゃなく、自分で書いて自分で気づくとこにこのレコーディングダイエットの本質があるような気がする。

【スポンサードリンク】

用意するものはノートだけで十分

レコーディングダイエットの方法は至って簡単で、ノートに日付を書いてその日に食べたものをすべて記録していくというやり方が一番シンプルだろう。

さらに、最近ではPCで管理したりこのレコーディングダイエットにぴったりのおススメスマホアプリも複数あるらしいのでデジタル派はこっちのやり方を選んでもいいのかもしれない。

しかし、ノートに書き込むというのが一番単純で分かりやすい気がする。

特に、アプリとかの場合だと見返さない可能性もある。

ノートの場合、手元に置いておけばついつい開いて見てしまうようなことが多いと思うので個人的にはノートでのシンプルな記録をおすすめしたい。

ちなみに、その日食べたものについてはメニューを書くだけでよい。

それぞれの料理のカロリーが分かるにこしたことはないが、それをいちいち調べるのは相当面倒だろう。

このレコーディングダイエット方法の大事なことは、自分のノートを見返すことによって自分の危機意識や反省意識を高めることで食べ過ぎの抑制につなげることである。

そのため、ジャンクフード的な食べ物が羅列してあったらそれで十分「やばい!」と思うだろうからカロリーは分からなくても問題ないと個人的に思う。

ちなみに、私の知人もこれをやって1ヶ月試して3キロ痩せたらしい。

今も続けているかどうかはわからないが・・。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*